Rakuten infoseek

辞書

ヒアルロン酸【ヒアルロンさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヒアルロン酸
ヒアルロンさん
hyaluronic acid
動物組織に広く存在し,ゲル状をなして細胞間および組織間をつなぐ粘度の高い結合物質で,ムコ多糖類一種。特に動物の硝子体関節液皮膚などに多く存在する。リウマチ性関節炎ではヒアルロン酸の粘度が低下しており,また老いるに従い皮膚からこの成分が減少していく。アミノ糖ウロン酸とから成る複雑な多糖類で,吸湿性をもつ無定形固体。水に溶け,水和ミセルをつくり,粘稠溶液となる。また,高い粘度のために,細菌毒物侵入を防ぐ役も果す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸とは、人や動物の身体の中に含まれている多糖類の1種で、特に関節の中にある関節液や関節軟骨、眼球の水晶体(レンズ部分)の後ろにある硝子体(ガラス体)、皮膚、臍帯(さいたい〈へその緒〉)などに多く含まれている。多糖類とは、単糖類が複数結合してできたものである。多糖類には1種類の単糖類からなるホモ多糖類と、2種類以上の単糖類からなるヘテロ多糖類があり、身近なものでは、デンプンやグリコーゲンが単糖類のブドウ糖1種類からできているホモ多糖類である。ヒアルロン酸は、へテロ多糖類の中でも、人などの生体内でたんぱく質と結合する性質を持つムコ多糖類と呼ばれるもの。ヒアルロン酸の水溶液は無色透明で粘度が高く、ゲル状になっている。人の身体の中では、関節液や関節軟骨に含まれたヒアルロン酸が、骨と骨との間の動きを滑らかにする潤滑作用や、クッションの役割を果たす緩衝作用によって、関節の動きをよくする役目を果たしている。その他にも、球のガラス体の中にあって眼球の形を保ったり、細菌の侵入を防ぐ、皮膚のみずみずしい張りを保つなどの働きもしている。医療用の医薬品としては、変形性膝関節症や、いわゆる五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎、慢性関節リウマチによる膝関節の痛みに対して、痛みを和らげたり炎症を抑えるために関節内に注入するなどの方法で用いられている。また、眼科領域では、白内障の手術や角膜移植術の際に補助剤として使われている。最近では、美容外科でもしわ取りなどの目的で使用されているが、インターネットの個人輸入などで購入し、自分で顔に注射するなどの行為が広がり、腫れやしこりなどの後遺症が問題となっている。場合によっては生命に危険が及ぶこともあるため、日本美容外科学会では公式ホームページで注意を呼びかけている。

(小林千佳子 フリーライター / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ヒアルロン‐さん【ヒアルロン酸】
hyaluronic acidムコ多糖類の一。眼球の硝子体(しょうしたい)や関節液・臍帯(さいたい)・皮膚などに広く分布。多量の水と結合して粘りのあるゲル状となり、組織構造維持や細菌・毒物の侵入防御などの役をする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ヒアルロン酸

 ヒアルロナンともいう.β-D-N-アセチルグルコサミンとβ-D-グルクロン酸が交互に結合してできた直鎖高分子多糖.結合組織に主に分布する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ヒアルロン酸
高分子多糖の一種。粘性が高く、体内組織中に多く分布するが、加齢とともに減少する。薬剤では骨関節炎治療や白内障治療などに用いられる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひあるろんさん【ヒアルロン酸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヒアルロンさん【ヒアルロン酸】
多糖類の一。タンパク質と結合して動物結合組織中の基質の重要な構成成分をなし、特に関節液・眼球ガラス体・皮膚・臍帯さいたいに多くみられる。組織の保護および構造の維持、摩擦を和らげ、細菌の侵入を防ぐなどの機能を果たす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヒアルロン酸
ひあるろんさん
hyaluronic acid
糖タンパク質やムコ多糖を構成する糖の一つであるN-アセチルグルコサミンとグルクロン酸とが交互に鎖状に結合した分子量20万から40万という高分子化合物で、コンドロイチン硫酸などとともに典型的なムコ多糖の一つ。動物の硝子体(しょうしたい)、関節液、臍帯(さいたい)(へその緒)、皮膚などに存在し、皮膚や臍帯ではコンドロイチン硫酸の量と同じくらい含まれている。非常に多量の水と結合してゲル状を呈し、関節の潤滑作用や皮膚の柔軟性などに関与し、また、その高度な粘り気によって細菌の侵入や毒物の浸透を防ぐことにも役だっている。さらに細胞の運動性を高める活性がある。しかし、細菌やヘビ毒、ハチ毒、ヒルの唾液(だえき)などにはヒアルロン酸を低分子化するヒアルロニダーゼが含まれており、この作用によって侵入することが知られている。[村松 喬]
『高久史麿監修『新しい治療薬のポイント(1996前期)――患者のための医薬品解説つき』(1996・メディカルレビュー社) ▽鈴木正人監修『新しい化粧品機能素材300』上(2002・シーエムシー出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヒアルロン酸
ヒアルロンサン
hyaluronic acid

N-アセチル-D-グルコサミンの C3 位にD-グルクロン酸が,またD-グルクロン酸の C4 位にN-アセチル-D-グルコサミンが交互にβ-グリコシド結合をした多糖.動物組織に広く分布し,ほかの酸性ムコ多糖と共存する.ウシの眼のガラス体,さい帯,関節液に多量に存在する.皮膚,項靭帯,大動脈,心臓弁,サメの皮,クジラの軟骨,ヒトの血清,鶏冠粘液水腫,脳などにも見いだされる.ヒアルロン酸はタンパク質と結合して粘ちゅうな状態で接合物質として存在し,細菌や毒物の侵入を防いでいると考えられている.白色の無定形物質.水に可溶.いちじるしく粘度の高い溶液となる.-70~-80°(水).分子量 106~107.[CAS 9004-61-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒアルロン酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヒアルロン酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.