Rakuten infoseek

辞書

パーソナル・コミュニケーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パーソナル・コミュニケーション
personal communication
情報の送り手が個人で,しかも直接受け手に働きかけるコミュニケーションをいう。マス・コミュニケーションと異なり,相互交通のコミュニケーションで,フィードバックが容易である。したがって,より正確な伝達効果が期待でき,送り手と受け手はその役割を交互に交換し合う行為を通じて,自分の発したメッセージが相手に与えた効果を相互にチェックしながら,経験を共有し合える可能性が大きいといえる。その内容は概して受け手の世界に近い内容であり,人々を行動に踏切らせるのに重要な影響を与える。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぱーそなるこみゅにけーしょん【パーソナル・コミュニケーション】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パーソナル・コミュニケーション
ぱーそなるこみゅにけーしょん
personal communication
対面的状態にある2人あるいは2人以上の人々の間で直接に行われるコミュニケーションのこと。個人間コミュニケーションとか対人的コミュニケーションともよばれる。ただし、手紙や電話のように、疑似対面的状態にある個人間コミュニケーションも含まれる。このコミュニケーション形態は、マス・コミュニケーションとの対比において、〔1〕コミュニケーション参加者の少数性、〔2〕コミュニケーションの空間的限定性、〔3〕メッセージの直接的、対面的な送受信、〔4〕メッセージの柔軟な調整や修正を可能ならしめる即時的フィードバックの存在、〔5〕送り手と受け手との自由な役割交換によるコミュニケーションの双方向性、〔6〕相互作用パターンの非構造性ないし非公式性、などによって特徴づけられる。
 パーソナル・コミュニケーションの根源的機能として、個人のアイデンティティの確立がある。人間は第一次的な他者とのコミュニケーションを通して、自己について学習し、自我像を形成するし、自己の感情、思想、行動が身近な人々と似たり寄ったりであることを知るならば、自我像は補強され、いっそう安定したものになる。したがって、パーソナル・コミュニケーションは人間にとって、もっとも基礎的なコミュニケーション様式であり、この土台のうえにマス・コミュニケーションや中間コミュニケーションが折り重なって、社会のコミュニケーション・システムの総体が成立するといってよい。[岡田直之]
『E・カッツ、P・F・ラザースフェルド著、竹内郁郎訳『パーソナル・インフルエンス』(1965・培風館) ▽J・T・クラッパー著、NHK放送学研究室訳『マス・コミュニケーションの効果』(1966・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーソナル・コミュニケーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パーソナル・コミュニケーションの関連情報

他サービスで検索

「パーソナル・コミュニケーション」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.