Rakuten infoseek

辞書

パークス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パークス
Parkes, Alexander
[生]1813.12.29. バーミンガム
[没]1890.6.29. ロンドン
イギリスの化学者,発明家。各種の工業プロセスや工業素材を開発したことで知られる。パークスの研究の大部分は冶金技術に関するものであった。合金に少量のリンを添加して強度を増す手法を早くに提唱した一人である。重要な発明の一つに 1850年に特許を取得した鉛鉱石からの抽出法がある。一般にパークス法と呼ばれるこの工程では,亜鉛を加えて溶解させる。これを攪拌すると溶融亜鉛が反応し,鉛中の銀や金と化合物を形成する。この亜鉛化合物は鉛より軽いため,冷却すると表面に浮かぶので,容易に分離することができる。もう一つの重要な貢献は,1841年のゴム溶液と二硫化炭素を使って布を防水加工する冷加硫法の発見である。また,1856年には,ニトロセルロースとアルコール,ショウノウカンファー),油を混合したものからパークシンと呼ばれる可撓性材料をつくり,最初のプラスチックであるセルロイドの開発に先鞭をつけた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パークス
Parkes, Sir Harry Smith
[生]1828.2.24. スタッフォード,バーチルズホール
[没]1885.3.22. 北京
幕末,明治初期の駐日イギリス全権公使。幼時,父母を失い,1841年 10月アヘン戦争下の極東におもむいて,少年時代から清国駐在イギリス当局の事務に従事した。通訳生,通訳官を経て領事に進み,56年以降数年にわたって続いたアロー戦争では,清国官憲と激しく応酬し,陣中で捕虜になったこともある。 65年3月上海領事から駐日特命全権公使に昇任。自由貿易主義の立場から日本国内の通商障害に激しく抗議したが,幕府と薩長倒幕派との内戦状態には局外中立を守った。明治新政府に対しては強い影響力をもち,西洋文明の導入に協力したが,不平等条約の改正に対しては難色を示した。 83年駐清全権公使に転じ,まもなくリウマチで没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パークス
Parkes, Sir Henry
[生]1815.5.27. ウォリックシャー,ストーンリー
[没]1896.4.27. シドニー
オーストラリアの政治家。オーストラリア連邦の父といわれる。イギリスの貧しい家に生れ,象牙細工職人となったが,1839年オーストラリアのシドニーに移住。 50~58年シドニーで政治新聞『エンパイア』を編集,刊行し,オーストラリア社会の体質改善を主張,本国から徒刑囚の送り込みに反対した。 56年立法議会議員。 72~91年の間5回にわたりニューサウスウェールズの首相となり,オーストラリアの経済的自立化と自由貿易の発展,教育の充実,連邦の結成などに貢献した。自叙伝『オーストラリア建国 50年史』 Fifty Years in the Making of Australian History (1892) の著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パークス
Parkes
オーストラリア,ニューサウスウェールズ州,シドニーの西約 360kmにある町。 1860年代のゴールドラッシュの歴史をもつが,現在は小麦をはじめとする農牧中心都市の一つで,農産加工,鋳造,鉄鋼工業などが立地。近くに世界有数の電波望遠鏡 (1961) がある。人口 8739 (1986) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パークス(Harry Smith Parkes)
[1828~1885]英国の外交官。慶応元年(1865)駐日公使として赴任。フランス公使ロッシュと対立して薩長を支援。明治新政府の外交政策を援助したが、条約改正には反対した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

パークス Parkes, Sir Harry Smith
1828-1885 イギリスの外交官。
1828年2月24日生まれ。慶応元年(1865)駐日公使兼総領事として来日。列国外交団を指導して改税約書に調印。薩長両藩を支援して幕府支持のフランス公使ロッシュと対立する。列国にさきがけて新政府を承認したが,強圧的外交を展開。明治16年清(しん)(中国)駐在公使となり,1885年3月22日北京で客死。57歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

パークス【Harry Smith Parkes】
1828‐85
イギリスの外交官。幕末期オールコックに続いて2代駐日公使となった。スタッフォードシャー生れ。13歳で中国に赴き,H.ポッティンジャー特命公使の下で働く。その後,広東,厦門(アモイ),上海などの外交官を歴任,イギリス・シャム条約の締結にも従事した。1856年に広東領事代理となり,61年まで第2次アヘン戦争をめぐるイギリス,清国間の外交交渉に尽力,天津条約,北京条約の締結をみた。65年(慶応1)3月駐日特命全権公使兼総領事に任命され,同年閏5月横浜に着任,E.M.サトーらを従え,近代日本の形成に強い影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パークス【Harry Smith Parkes】
1828~1885) イギリスの外交官。1865年駐日公使。幕府を支持するフランス公使ロッシュと対立し薩長を支援。戊辰ぼしん戦争では局外中立の立場をとる。列国にさきがけて明治政府を最初に承認したが、条約改正には反対した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パークス
(Sir Harry Smith Parkes サー=ハリー=スミス━) イギリスの外交官。慶応元~明治一六年(一八六五‐八三)、駐日公使として在日。明治維新の際、薩長と親交を結び討幕運動を援助、維新後も日本の外交に影響を与えた。(一八二八‐八五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パークス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パークスの関連情報

関連キーワード

ペグマタイトグリム(兄弟)サウジーアドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章サウジー式亭三馬

他サービスで検索

「パークス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.