Rakuten infoseek

辞書

パヴェル アレクサンドロフ

20世紀西洋人名事典

パヴェル アレクサンドロフ
Pavel Sergeevich Aleksandrov


1896.5.7 - 1982
ソ連の数学者。
元・モスクワ数学会会長。
ノギノーク生まれ。
医師の子として生まれ、13才の時にロバチェフスキーの幾何を知って感激し、モスクワ大学入学の17才の時にカントルの「超限集合論」を読んでさらに感動し、19才の時ボレル集合の濃度の問題解決で数学界にデビューした。多くの知己を持ち、位相空間や、次元論などの基礎的研究をした。ソ連の科学者としては異例の外国旅行の自由を持ち、東西間の新しい知識の橋渡しの役目もした。5つのレーニン賞を受け、’42年に国家勲章を授与された。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パヴェル アレクサンドロフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パヴェル アレクサンドロフの関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門樋口一葉[各個指定]工芸技術部門深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)実験映画アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎

他サービスで検索

「パヴェル アレクサンドロフ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.