Rakuten infoseek

辞書

パレート最適【パレートさいてき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パレート最適
パレートさいてき
Pareto Optimum
所与の資源,技術,嗜好所得分配のもとで,何か少なくとも一つの経済主体の経済状態を悪化させることなしには,他の経済主体の経済状態をこれ以上向上させることのできない状態をいう。パレート効率性とも呼ばれる。新厚生経済学において広範に採用されている厚生の判断基準で,名称はこの概念の導入者ウィルフレド・パレートに由来する。パレート最適は所得分配の公平性に関する基準を含まないので,初期の所得分配に対応して無数に存在しうる。この概念が適用される複数の経済状態間の優劣を判断するためには,社会的厚生関数が必要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パレート‐さいてき【パレート最適】
Paretian optimum厚生経済学における古典的な概念で、いかなる状況が社会の経済的厚生を最大にするものであるかに関するもの。現存の分配状態を与件としたときの最適資源配分の優れた規準といえる。ローザンヌ学派イタリアの経済学者パレートによって説かれたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

パレート最適
・パレート最適とは、社会学者ヴィルフレド・パレートが提唱した、資源配分に関する概念である。
・パレート最適とは、資源配分において、いずれの効用も下げずにいずれかの効用を高めることは出来ない状態を意味する。
・つまり効用の最大化が図れている状態である。
・(例)(前提)
ある人が2種類の(X,Y)を消費する。
○個人の消費するX財、Y財の量はそれぞれx,yとする。
○個人が得る満足(効用)をuとする。
個人が得る満足は個人の選好(prefer)に基づくものとする。
個人の効用を得る組み合わせを効用関数という。

u=U(x,y)

・効用関数をもとにした無差別曲線(indifferent curve)と予算制約線との均衡点をパレート最適という。つまり個人の効用が予算制約内で最大限に満たされる状態(均衡点)である。この均衡点は一点の場合が理想的である。しかし、現実では、個人の選好は様々であり一通りの財の配分以外にも効用を高める財の配分があるため、無差別曲線と予算制約線が一点に交わるパレート最適になる可能性は少ない。
・この場合、パレート最適の状態が複数存在する。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

世界大百科事典 第2版

パレートさいてき【パレート最適 Pareto optimum】
社会の経済活動を,家計が保有する生産要素を生産部門に提供し,生産部門が生産した最終消費財を家計に還元する循環としてとらえるとき,そのあり方の社会的最適性について,イタリアの経済学者・社会学者V.パレートによって20世紀の初頭に考案された概念で,新古典派経済学の規範的理論の中心をなす。経済循環は,だれが何をいかにしてだれのために生産するかを特定化することによって記述され,その一覧表は資源配分の状態と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パレートさいてき【パレート最適】
他の経済状態を悪化させることなしには、もはや何人の経済状態も改善できないという状態にあること。資源利用に無駄のない最適な状態をさす。パレートが提示。パレート効率。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パレート最適
ぱれーとさいてき
Pareto optimum
他の個人の満足を減ずることなしには、いかなる人の満足も増すことができない状態をいう。いいかえれば、どのような資源配分の変更を行っても、現状以上に社会的により好ましい状態を達成できないことをいう。個々人の価値判断を社会全体として一つの価値判断に形成するのはきわめて困難であるが、パレート最適は比較的柔軟性のある規準であって、人々の同意を得やすい概念といえよう。これは、V・パレートによって創唱されたものであり、新厚生経済学の発展とともに普及し、パレートの名を冠する名称が定着した。パレート最適は完全競争市場において達成され、そこでは各個人は最大の満足を得、企業は利潤最大化が達成されるなど、重要な法則が成立する。しかし、パレート最適は資源配分のみに関与し、所得分配についてはなんら触れることがない。また、パレート最適の状態は無数に存在し、それらの間の優劣は決定できないなどの限界がある。
 パレート最適が達成されるためには、個人間の限界代替率が等しくならなければならない。両個人の間の限界代替率が等しくなった点を結んだ曲線を「契約曲線」という。契約曲線上のすべての点はパレート最適である。もし初期賦存量がJ点ならば、それに対応するパレート最適点は契約曲線上の任意の点となり、一義的に決定することはできない。
 さらに経済全体でパレート最適が達成されるためには、X財とY財の消費の限界代替率が、X財とY財を生産するための限界変形率(生産可能性曲線の接線の傾きの絶対値)に等しくならなければならない。
 もしもすべての市場が完全競争的ならば、該当する限界代替率が該当する価格比に等しくなるから、パレート最適が達成される。
 なお、一部分においてパレート最適条件が成立していないときに、それを前提として、残りの部分における最適問題を考察するのがセカンド・ベスト理論である。[畑中康一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パレート‐さいてき【パレート最適】
〘名〙 (Paretian optimum の訳語) 他の経済主体の効用を犠牲にすることなしには、どの経済主体の効用をも改善できない状態にあること。厚生経済学の古典的概念で、イタリアの経済学者パレートが説いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パレート最適」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パレート最適の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.