Rakuten infoseek

辞書

パルチザン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パルチザン
partisan
イタリア語の partigianoからきたフランス語。もとの味は党員,仲間。一般には外国や国内の反革命軍に対して自発的に武器をとって戦う,正規軍に入っていない遊撃兵のこと。ロシア革命,第2次世界大戦,朝鮮戦争,ベトナム戦争などで活躍,特に独ソ戦中のソ連のパルチザンは有名。パルチザンの法的地位は 1907年の陸戦の法規慣例に関する規則および 49年の捕虜待遇に関する条約で交戦者として確認されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パルチザン(〈フランス〉partisan)
一般民衆によって組織された非正規軍。別働隊。遊撃隊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

パルチザン
英国の作家アリステア・マクリーンの冒険小説(1982)。原題《Partisans》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パルチザン【partisan】
パルチザンとは,ドイツ語で党派人を意味する。党派Parteiに由来するからであるが,なんらかの闘争を行い,戦争を遂行する人,という点でそれ固有の意味をもつ。パルチザンはまた非正規的に戦うという点で,もともと土匪(どひ)式の小戦闘を意味したスペイン語のゲリラguerillaと同義語として用いられることもある。いずれにしても,18世紀に単に一地方で活動し,可動的だが正規の軍隊に所属する一支隊partiを指したこの言葉の推移は明らかである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パルチザン【partisan】
戦時に、武装した一般人民によって組織された非正規の戦闘集団。多く正規軍と連携しながら、遊撃隊として活動する。別動隊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パルチザン
ぱるちざん
partisan
パルチザンとは、本来はなんらかの党派あるいは思想に参画し身を捧(ささ)げる人をさしたが、転じて、部隊の指揮に巧みな人、さらには軽装兵や不正規兵の部隊の一員を意味するようになった。フランス革命時の王党派農民の反乱、ナポレオンの侵略に対するスペインやロシアでの民衆的抵抗も、しばしばパルチザン戦争とよばれ、ゲリラとパルチザンはほぼ同義語とみなされている。強いて違いをあげるなら、今日ではパルチザンには社会主義者の思想や指導がより直接的な影響をもっているといえる。1905~06年の第一次ロシア革命の過程で、ボリシェビキが指導する武装襲撃、物資徴発、テロ、サボタージュ(破壊工作)等の諸活動がパルチザン運動と総称され、その長所や短所がレーニンの論文「パルチザン戦争」(1906)で位置づけられたため、旧ソ連ではゲリラよりパルチザンの名称のほうが通用するようになっている。そのほか、この名称を採用した闘争としては、植民地期の朝鮮における抗日パルチザン、第二次世界大戦時の旧ユーゴスラビアのチトー派の反独抵抗運動が名高い。
 パルチザン活動は一般に、人民戦争の遊撃戦段階での主要な戦術形態とされるが、また正規軍の作戦を補完するための、敵戦線の側面や後方でのサボタージュや小規模攻撃などにも利用される。後者は、とくに第二次大戦中、ソ連軍の対独戦闘で大きな威力を発揮した。
 国際法上のパルチザンの地位はまだ不確かであり、正規軍の補助者として戦闘員の法的な権利や保護が認められることもあるが、多くの場合、パルチザン活動ではその要件を満たすことがむずかしく、捕虜となった際の処罰、待遇、看護等に関しては法的規制がなく、状況に応じた判断で処理される。しかし、近年では正規の捕虜待遇を与えるべきだとの主張も強くなっている。[山崎 馨]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パルチザン
〘名〙 (partisan) 革命のため、また外敵などに対抗するため、労働者・農民などによって組織された非正規軍。また、それに属する人。
※日本脱出記(1923)〈大杉栄〉外遊雑話「かうしてロシアの反革命軍は、到る処で農民のパルティザンを併せて、ボルシェヰキと戦った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

パルチザン
ゲリラ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パルチザン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パルチザンの関連情報

関連キーワード

フェノッリオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.