Rakuten infoseek

辞書

パリ燃ゆ【ぱりもゆ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

パリ燃ゆ
ぱりもゆ
大仏(おさらぎ)次郎作の史伝。1961年(昭和36)10月から63年9月まで『朝日ジャーナル』、64年3月から11月まで『世界』に連載。1871年3月から5月へかけて史上初めての人民自治を実現したパリ・コミューンの歴史的経緯を、当時の新聞・雑誌はもちろん実歴談、日記、議会の査問会の速記などに至るまで克明に調査し、現地を踏査してまとめた一大叙事詩である。フランス第三共和政下の諸事件を描いてきた作者は、その時代の原点に立ち返ってパリ・コミューンをまとめたわけだが、旺盛(おうせい)な知的好奇心を支えにアネクドート(逸話)に近いものを積み上げながらも、そこに人間の、そして歴史のドラマを構成してあり、文学者の歴史認識、時代意識をうかがわせる。[尾崎秀樹]
『『パリ燃ゆ』全六冊(朝日新聞社・大仏次郎ノンフィクション文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パリもゆ【パリ燃ゆ】
大仏次郎による歴史ノンフィクション。1871年のパリコミューンの足跡を膨大な資料をもとに描く。昭和36年(1961)から昭和38年(1963)にかけて「朝日ジャーナル」に連載。次いで昭和39年(1964)に「世界」に続編を連載し、同年、合本として出版。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリ燃ゆ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パリ燃ゆの関連情報

関連キーワード

新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二マキノ雅広森一生アポロ計画岡本喜八朝鮮映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.