Rakuten infoseek

辞書

パラメータ推定法【パラメータすいていほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パラメータ推定法
パラメータすいていほう
method for parameter estimation
制御系などのシステムあるいはその構成要素の中に含まれている定数や係数など,システム・パラメータ値が未知の場合,それを推定する方法。主として入力信号 (量) とそれに対する出力信号 (量) の観測データを使って推定する。システムや観測器に雑音がある場合が多いので,確率分布をもった統計量として推定されるのが普通である。その期待値が真値に等しいこと (不偏性) ,データ数が多い場合には推定値が真値に一致すること (一致性) ,などの性質をもった方法が望ましい。パラメータ値および雑音の確率的な性質がわかっている程度に応じて,最小二乗推定,マルコフ推定,最尤 (ゆう) 推定,ベイズ推定などの方法がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラメータ推定法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パラメータ推定法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.