Rakuten infoseek

辞書

パラナ川【パラナがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パラナ川
パラナがわ
Río Paraná
ポルトガル語では Rio Paraná。南アメリカ中南部を流れる川。ウルグアイ=アルゼンチン国境でウルグアイ川と合流してラプラタ川をつくる。アマゾン川に次ぐ南アメリカ第2の長い川で,全長約 4880km。流域面積約 280万 km2。ブラジル南部,南緯 20°付近でパラナイバ川グランデ川が合流してパラナ川となり,ブラジル高原とそれに続くパラナ高原に深い谷を刻みながら南南西へ流れる。ブラジル=パラグアイ国境をなしたのち,パラグアイ=アルゼンチン国境に沿って大きく西に流れを変えるとともに高原地帯を抜け,低湿地帯に出る。コリエンテスの上流で再び大きく方向を転じる前に,右岸に最大の支流パラグアイ川が流入するが,ここまではアルトパラナ川とも呼ばれる。アルトパラナ川のおもな支流はティエテ,パラナパネマ,イグアスなどで,いずれも左岸に注ぐ。パラグアイ川の流入点より下流はアルゼンチン領内を南ないし南南西へ流れ,ロサリオ付近で南東へ転じ,南流してきたウルグアイ川と合流,その下流にラプラタ川と呼ばれる大三角江を形成し,大西洋に注ぐ。アルゼンチン領内のパラナ川は広大な氾濫原をゆるやかに流れ,サラド川をはじめとする多数の支流を集めるとともに,分流が多く,ロサリオ上流のディアマンテ付近からは河口の三角州をつくる分流が始る。上流域は熱帯気候,中・下流域は亜熱帯気候に属し,年降水量 1000~1500mm。通常夏季 (11月~2月) が高水位期で,8~9月の低水位期には流量は約7分の1になる。アルゼンチン,パラグアイ両国にとって重要な水路であるが,上流部には急流や滝,下流部には河水が運んでくるシルトの堆積による浅瀬などが多く,航行の障害となっている。しかし下流部は常時浚渫されており,外洋船がサンタフェまで遡航できる。また急流部や滝での乗換え,陸路による迂回を含めると,サンパウロからボリビア方面へ通じる鉄道の渡河点にあたる最上流部のジュピアまで船で達することができる。また膨大な包蔵水力を利用して,1980年ブラジルとパラグアイの国境をなす部分で両国共同によるイタイプダムが完成。水力発電所の発電能力は 1260万 kWで,世界最大級。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パラナ‐がわ〔‐がは〕【パラナ川】
Paraná》南アメリカのブラジル高原に源を発し、パラグアイ川を合わせてアルゼンチンの平野を流れ、ラプラタ川となって大西洋に注ぐ川。全長4500キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パラナ川
ぱらながわ
Rio (Ro) Paran
南アメリカ南東部を流れる川。ラ・プラタ川水系の中心をなす全長4500キロメートルの大河である。最大の支流パラグアイ川を含めた流域は、ブラジル、パラグアイ、ボリビア、アルゼンチンにわたって広がり、流域面積は275万平方キロメートルに達する。ブラジル高原上に広がる上流域と、アルゼンチンの平野を占める下流域に二分される。上流域には、ブラジルのサン・パウロ州やパラナ州などの豊かな農牧地帯が広がる。また、上流域はブラジルでもっとも重要な電源地帯で、パラナ川本・支流にはイタイプ・ダムをはじめとする多数の発電用ダムが立地する。下流域の平野はアルゼンチンの主要な農牧地帯の一部をなし、沿岸にはサンタ・フェ、ロサリオなどの都市が発達している。ロサリオにおける流量は、2月の高水期で毎秒1万7000立方メートル、9月の低水期で毎秒1万1000立方メートルと年変化が少ない。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラナ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パラナ川の関連情報

関連キーワード

リオ・ティントバレーラホークスリオデジャネイロホークス(Howard Hawks)ウェーバー(Bruce Weber)ヴァーレ・インコ研究倫理教育責任者クリス カトラー

他サービスで検索

「パラナ川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.