Rakuten infoseek

辞書

パパンドレウ【ぱぱんどれう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

パパンドレウ(Andreas G. Papandreou)
ぱぱんどれう
Andreas G. Papandreou
(1919―1996)
ギリシアの政治家。ゲオルギオスの息子。キオス生まれ。アテネ大学、ハーバード大学を卒業。1947~1963年の間ミネソタ大学などで経済学を教授した。帰国し1964年に父親の政府に入閣したが、右翼に憎まれた。1967年の軍部クーデター後パリに逃れ、国外で「全ギリシア解放運動」を組織。1974年の軍事政権崩壊後帰国し、「全ギリシア社会運動」を結成、1981年の選挙で勝利し、首相兼国防相に就任した。1989年の総選挙で保守党に敗れたが、1993年政権に返り咲いた。1996年辞任。[木戸 蓊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パパンドレウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パパンドレウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.