Rakuten infoseek

辞書

パック

デジタル大辞泉

パック(pack)
[名](スル)
包装すること。また、その紙包みや小形紙箱。「真空パック
いくつかのものをひとまとめにすること。また、一つにまとめたもの。「パック旅行」「パックツアー」「パック料金」
美顔法の一。顔にパック剤を塗って一時的に皮膜を作り、肌の新陳代謝を促し、張りと潤いを与えるもの。マスク美容。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック(puck)
アイスホッケーで使用する硬化ゴム製の平円盤のたま。厚さ2.54センチ、直径7.62センチ、重さ156170グラム。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック(Puck)
いたずら好きな妖精。シェークスピア喜劇真夏の夜の夢」に登場する。
天王星の第15衛星。1985年にボイジャー2号の接近によって発見された。名はに由来。非形で平均直径は約160キロ。平均表面温度はセ氏マイナス209度以下。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

パック
戸田正寿とひこねのりおが作成したキャラクター。「パピプペンギンズ」のひとり。1983年「サントリーCANビール」のコマーシャルに登場。ペンギンの男の子。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パック【Puck】
イギリスの妖精。各地の民間伝承を基に,シェークスピアが作り上げた妖精王オベロンの宮廷の従者で,地球に40分で帯をかけられる超能力を備えた陽気ないたずら者。アイルランドではpúca,phooka,ウェールズではpwcca,ウースターシャーではpoakeと呼ばれ,スウェーデンのpoika(少年),アイスランドのpuki(邪霊)は同種と見られている。山や廃虚に住む獣の精poc(牡ヤギ)から派生したとも,porcupine(ヤマアラシ)から出たとも言われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パック【pack】
スル
品物を包むこと。詰めること。また、包んだもの。詰めたもの。
複数の物事をひとまとめにすること。また、まとめられたもの。 -料金
美容法の一。皮膚を人工の被膜でおおって外気を遮断すること。毛穴の汚れをとり、血行を良くし、肌を引き締めるなどの効果がある。 顔を-する
コンピューターで、八ビットで構成される一バイトに、数字二桁を記録するなど、一つの記憶単位に二つ以上の情報単位を詰め込むこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック【puck】
アイスホッケーで使用する、ホッケーの球に相当する小円盤。厚さ2.54センチメートル、直径7.62センチメートルの硬化ゴム製。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック【Puck】
イギリスの中世伝説に出てくるいたずら好きの小妖精。シェークスピアの「真夏の夜の夢」で知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パック
ぱっく
pack
パックは「包む」という意味。文字どおり、洗顔後にパック剤を顔面に塗り、人工的な皮膜で「包む」美顔術の一種。パック剤を塗ることで、表皮は外気から遮断される。体温があがり、発汗作用が促されるので皮脂腺(せん)は開き、新陳代謝が旺盛(おうせい)になる。このため、皮膚の老廃物は排泄(はいせつ)され、同時にパック剤の乾燥する力が皮膚に一種のマッサージ効果をもたらす。また、皮膚表面から蒸発してパック剤との間にたまった水分によって、表皮の角質層はより柔軟になる。[横田富佐子]

パックの基剤

〔1〕オイル・パック オイル・パック剤は、オリーブ油、椿油(つばきあぶら)などの天然油脂を湯煎(ゆせん)して脱脂綿にしみ込ませ、そのまま顔にのせる。〔2〕ビニル・パック 水溶性の粘液質を基剤としたもので、顔に塗布して乾燥すると完全に膜をつくるので、それをはがす。〔3〕粉パック 小麦粉を基剤とし、卵、牛乳、蜂蜜(はちみつ)などを混ぜて練り合わせ、塗布する。
 いずれもパック後、乾燥したらそれを除き、化粧水などで表皮を引き締める。顔全体(目の周辺は避ける)に塗り、はがすときには無理に拭(ふ)き取って肌に必要以上の刺激を与えないことがたいせつである。
 その歴史は古く、古代ローマでも行われていて、米の粉やソラマメの粉を煮込んだ粥(かゆ)とか、パンをロバの乳に浸したものなどを、就寝前に顔に塗ったといわれる。日本でも江戸時代に、水分を多く含んだウリ類を切って顔にのせたりして肌を整える方法があったが、これも一種のパックとみることができる。[横田富佐子]

簡単なパック術

小麦粉に水を加え、やや固めに練り、目的に即して、卵や果実、蜂蜜などを混ぜる。このパック剤の3分の2を顔面にむらなく塗り、ガーゼ(目と鼻の部分をくりぬいた顔の大きさのもの)を湿らせてのせ、残りをその上から塗る。20~30分ぐらい自然乾燥させ(赤外線を照射すると、より効果的)、ガーゼをあごのほうから巻き取る。化粧水で肌を引き締める。
 卵、牛乳、蜂蜜などは皮膚の新陳代謝を高める。卵は、白身の膠着(こうちゃく)作用を利用して皮膚を清浄にする方法と、黄身に含まれているコレステロール、ビタミンなどの栄養を与える方法、さらに相乗効果を得るために双方を混ぜて用いる方法がある。牛乳は脂肪、タンパク質、ビタミンなどの皮膚への吸収、蜂蜜もタンパク質、酵素、ビタミンC、糖分などによる収斂(しゅうれん)、漂白作用に効果がある。[横田富佐子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

パック
〘名〙 (pack)
① 品物を包装すること。容器などに詰めること。また、そのもの。「真空パック」
② 美容のためにパック剤を顔などに塗って、しばらく置くこと。また、そのもの。
③ ラグビーで、しっかりとスクラムを組み合うこと。パッキング。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック
〘名〙 (puck) アイスホッケーの球。硬化ゴムで作られた厚さ二・五四センチメートル、直径七・六二センチメートルの平たい円筒形のもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック
(Puck)
[1] イギリス中世伝説中の、いたずら好きな小妖精。シェークスピアの「真夏の夜の夢」にも登場する。
[2] 〘名〙 ((一)から転じて、いたずら小僧の意) 明治時代に出版された漫画雑誌の標題の一部として用いられた語。「東京パック」「楽天パック」など。
※網走まで(1910)〈志賀直哉〉「絵本を出してやった。中に古いパックなどが有った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.