Rakuten infoseek

辞書

パチェコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パチェコ
Pacheco, Francisco
[生]1564. サンルカルデバラメダ
[没]1654. セビリア
スペインの画家,著作家。ルイス・フェルナンデスに師事し,セビリアで活躍。スペイン・バロック(→バロック美術)を代表する画家の一人で,作風は写実性に基礎をおく明暗表現が特色著書『絵画術』Arte de la pintura(1649)は,スペイン絵画史の重要な源泉となった。弟子には婿となったディエゴ・ベラスケスやアロンソ・カーノがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パチェコ
Pacheco, José Emilio
[生]1939.6.30. メキシコシティー
[没]2014.1.26. メキシコシティー
メキシコの詩人,作家,エッセイスト。初期の作品は現実離れした象徴的な表現を駆使して社会問題に切り込んだが,後年はシンプルかつ率直な手法で独自の歴史観を世に問うた。2009年,スペイン語圏で最も権威ある文学賞のセルバンテス賞を受賞。メキシコ国立自治大学で学んだ。デビュー作『メドゥーサの血――幻想短篇小説集』La sangre de Medusa(1958)は,アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの影響が感じられる作品だった。小説 "Morirás lejos"(1967)で虐げられたユダヤの歴史を綴り,詩集 "No me preguntes cómo pasa el tiempo"(1969)では,過去に戻りたいというノスタルジックな願望を風刺を交えながら喚起した。詩集 "Islas a la deriva"(1976)では歴史と神話の再解釈を試みた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

パチェコ Pacheco, R.P.Francisco
1565-1626 ポルトガルの宣教師。
イエズス会士。慶長9年(1604)来日。17年再来日し,19年キリシタン追放令でマカオへわたる。翌年日本に潜入。肥前島原地方や京都などで布教し,日本管区長となったが,寛永3年閏(うるう)4月26日長崎の西坂火刑に処された。61歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

パチェコ Pacheco, Luis Paes
?-1640 ポルトガルの使節。
江戸幕府のポルトガル船来航禁止令に対して,通商再開を嘆願する特使のひとりとしてマカオ市から派遣される。寛永17年(1640)5月長崎に到着したが,出島のにつながれ,6月16日西坂(長崎市西坂町)で他の使節乗組員とともに処刑された。インドコーチン生まれ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

パチェコ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パチェコの関連情報

関連キーワード

川中島の戦いスピノラ三浦按針シェークスピアの生家グライツスアレスレガスピコハノフスキキリシタン関係主要人名エリザベス朝演劇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.