Rakuten infoseek

辞書

パキポディウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パキポディウム
Pachypodium
キョウチクトウ科パキポディウム属の総称。 20数種が南アフリカ,マダガスカル,ナミビア,アンゴラに分布する多肉植物。乾燥地に生育するため,茎の内部に水分をたくわえる海綿状の組織が発達し,硬い表皮で水分の蒸散を防いでいる。花色は黄色,白色,桃色,赤色があり,いずれも花冠はキョウチクトウに似た形で5裂する。茎は柱状で表面に鋭いとげがあり,原産地では 10mをこえるパキポディウム・ラメレイ P.lamereiやパキポディウム・ゲアイ P.geayi,茎がショウガの根茎のような形をしているパキポディウム・ブレビカウレ P.brevicauleなど,ユニークな形態のものが多い。一般に鉢植えで流通するのはラメレイやゲアイなどである。高温と直射光を好む。水はけのよい砂質の用土を用いる。乾燥には強いが過湿に弱いので,水のやりすぎに注意する。冬期は水やりを控え,10℃以上に保つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パキポディウム
ぱきぽでぃうむ
[学]Pachypodium
キョウチクトウ科の1属。南アフリカに7種、マダガスカルに12種自生する。デンシフロールム種などが知られるが、特異な形態を示す植物で、幹があまり太らないものから、瓶形、壺(つぼ)形、塊根性のものまであり、つぼ植物と称される一群に属する。幹には普通一対、種によって3本の刺(とげ)がある。幹を傷つけると白い汁液を出す。花は大きく、花色は種によって白、黄、赤色など。小形種は周年冷涼な高地に分布する。多くは高温生育型で、20℃以下になると葉が色づき始め、15℃以下で落葉し始める。生育旺盛(おうせい)でじょうぶな植物であるが、傷をつけると腐敗しやすい。[後藤寿明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パキポディウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パキポディウムの関連情報

他サービスで検索

「パキポディウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.