Rakuten infoseek

辞書

パガン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パガン
バガン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パガン(Pagan)
ミャンマー中部にある都市遺跡バガン旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぱがん【パガン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

パガン【Pagan】
ミャンマーの西部、イラワジ川中流東岸に臨む古都。仏教寺院やパゴダが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

パガン
ぱがん
Pagan
ミャンマー(ビルマ)中部、イラワディ川の中流東岸にある都市遺跡。9世紀後半この地方に進出したビルマ人の中心地で、11世紀中ごろアノーヤター王が建国したパガン朝の都として繁栄した。1287年中国雲南地方から侵入した元(げん)の遠征軍に占領され、のちシャン人の攻撃をも受けて破壊された。仏教の普及に努めた歴代諸王によって1万3000に及ぶ寺、僧院、パゴダが建立されたといわれ、城壁だけが残る広大な遺跡に約2000の建造物が残っている。アーナンダ寺、タートビンニュ寺、ゴードーパリン寺、シュウェサンドー・パゴダなどの石造建築物は有名である。現在のパガンは小さな村にすぎず、北東3キロメートルのニャウンウがこの遺跡都市の玄関口として、商業・交通の中心となっている。[酒井敏明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パガンの関連情報

他サービスで検索

「パガン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.