Rakuten infoseek

辞書

パエス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パエス
Páez, José Antonio
[生]1790.6.13. アカリグア
[没]1873.5.7. ニューヨーク
ベネズエラの政治家。独立運動の指導者。大統領 (在任 1831~35,39~43) 。先住民 (インディオ) の血をひく農民で,1810年独立運動に参加し,S.ボリバルの革命軍に参加。カラボボ (21) ,プエルトカベリョ (23) の戦役で功績をあげ,ベネズエラの解放に貢献したが,ボリバルの大コロンビア構想 (ベネズエラ,コロンビア,エクアドル連合を企図) に反対して 30年ベネズエラを分離独立させ,憲法制定会議を開いてベネズエラ憲法を定めた。独立後大統領を2期つとめたのち,50年に政争に敗れて亡命。 61年独裁者として再び迎えられたが,2年後に辞職し,アメリカで余生をおくった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

パエス【José Antonio Páez】
1790‐1873
ベネズエラ独立戦争の英雄で,大統領。在任1831‐35,39‐43,61‐63年。リャノの牧童の指導者として,ボリーバルとともにカラボホの戦(1821)を勝利に導き,ベネズエラの独立を決定的にした。1826年グラン・コロンビアからの独立を企て,29年分離独立して,初代大統領となった(1831)。40年代末まで一部の大地主や商人と密接にかかわりながら保守寡頭政治を基盤に実権を握っていたが,63年自由主義派によってアメリカに追放された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パエス
ぱえす
Jos Antonio Pez
(1790―1873)
ベネズエラ、リャノス(草原)地方の牧童出身の軍人、政治家。同国中西部アカリグアに生まれる。1810年の独立戦争にはスペイン側についたが、のちに解放軍側に移った。17年アプレ地方の解放指導者となり、ボリーバルの植民地解放軍に合流して、21年カラボボの戦いを勝利に導いた。30年、大コロンビア共和国の分裂に伴い、分離・独立したベネズエラの初代大統領に任命された。39年ふたたび政権を握り頭領的性格を強めた。グスマン・ブランコらの反対勢力を牽制(けんせい)するため、東部の頭領モナガスを次期大統領に推したが、モナガスは就任後にグスマン・ブランコと結んだため、パエスは敗れ国外に脱出した。その後数回政権奪回を企てたが失敗し亡命先のニューヨークで没した。[寿里順平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パエス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パエスの関連情報

関連キーワード

ゲーテヨーゼフ二世ロレンス上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフネーミアフェルディナンド3世[トスカナ大公]ウルストンクラフト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.