Rakuten infoseek

辞書

パウルス・ディアコヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

パウルス・ディアコヌス
Paulus Diaconus
[生]720頃.フリウリ
[没]797頃.モンテカシノ
イタリアの歴史家。ランゴバルド族貴族の出身。モンテカシノ修道院に入ったのち,デシデリウス王の宮廷顧問官として仕えた。ランゴバルド王国滅亡後,一時はカルル1世 (大帝) に仕えたが,のち著作に専念中世に愛誦された『説教集』 Homiliarumや,364~553年の『ローマ史』 Historia Romana,伝承,口碑を記した『ランゴバルド史』 Historia gentis Langobardorumなどが有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぱうるすでぃあこぬす【パウルス・ディアコヌス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

パウルス・ディアコヌス
ぱうるすでぃあこぬす
Paulus Diaconus
(720ころ―797ころ)
イタリアの歴史家、詩人、文法学者。ランゴバルド人の名門の出身。ランゴバルド王女の家庭教師を務めたが、フランク王国のカール大帝によって祖国が征服されたのち、モンテ・カッシーノの修道士となる(782年以前)。反逆罪で捕らわれた兄弟の釈放を願うためアーヘンの宮廷に行き、大帝の恩顧と敬愛を受け、数年間(782~85/86)王国で活躍した。主著には『ローマ史』『ランゴバルド族の歴史』がある。[出崎澄男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パウルス・ディアコヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

パウルス・ディアコヌスの関連情報

関連キーワード

高・貴おわします印・標・験置・措・擱形・容先・前捨・棄整・調・斉守・護

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.