Rakuten infoseek

辞書

バーゼル銀行監督委員会【ばーぜるぎんこうかんとくいいんかい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

バーゼル銀行監督委員会
ばーぜるぎんこうかんとくいいんかい
Basel Committee on Banking Supervision
国際業務を営む銀行を対象とした統一規制ルールを協議する機関。略称BCBSスイスバーゼルにある国際決済銀行(BIS)内に事務局を置くため、こうよばれる。通称バーゼル委員会。主要国・地域の中央銀行、金融監督当局(日本は金融庁)のトップや実務担当者らが出席し、銀行の健全性を維持するための自己資本比率基準やリスク管理指針などを定めている。旧西ドイツのヘルシュタット銀行の破綻で国際金融市場が混乱したことを契機に、1974年、主要10か国(G10)の中央銀行総裁らが設立について合意し、1975年に創設され、同年、第1回会合を開いた。2014年(平成26)1月時点で、日本のほか、アメリカ、アルゼンチン、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、オーストラリア、オランダ、カナダ、韓国、サウジアラビア、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、中国、ドイツ、トルコ、ブラジル、フランス、ベルギー、香港(ホンコン)特別行政区、南アフリカ、メキシコ、ルクセンブルク、ロシアの計27か国・地域が参加している。
 バーゼル委員会は年に4回、定期会合を開催するほか、国際経済情勢や金融危機などに応じて随時会合を開く。国際的に活動する銀行の健全性を維持するため、1988年に自己資本比率を物差しとする初の統一規制(バーゼル合意、バーゼル、BIS規制)について合意・公表し、多くの国が同規制を採用した。その後の金融のグローバル化や複雑化に対応するため、2004年には、リスクをきめ細かく反映する新規制(バーゼル、新BIS規制)に改定した。さらに2007年夏以降の世界的な金融危機の反省から、2010年には自己資本比率規制をより厳しくした新バーゼル合意(バーゼル)を公表した。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

バーゼル銀行監督委員会
先進国や途上国など28カ国・地域の銀行監督当局や中央銀行などで構成する国際組織で、スイスのバーゼルに事務局がある。金融システムの安定を保つため、銀行経営の健全性を高めたり、公平な競争環境をつくったりする国際的なルールを決めている。
(2015-03-18 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

バーゼル‐ぎんこうかんとくいいんかい〔‐ギンカウカントクヰヰンクワイ〕【バーゼル銀行監督委員会】
国際業務を行う銀行に対する監督基準を協議・策定する機関。1975年のG10諸国中央銀行総裁会議で設立。G20を中心とする主要国の中央銀行および銀行監督当局により構成される。バーゼルにある国際決済銀行(BIS)に事務局を置く。バーゼル委員会。BCBS(Basel Committee on Banking Supervision)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バーゼル銀行監督委員会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バーゼル銀行監督委員会の関連情報

他サービスで検索

「バーゼル銀行監督委員会」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.