Rakuten infoseek

辞書

バンツー諸語【バンツーしょご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バンツー諸語
バンツーしょご
Bantu languages
アフリカ大陸南半の広大な地域にわたって話されている言語群。互いに親縁関係をもつ数多くの言語から成るが,なかでもスワヒリ語は南東海岸からコンゴ南部にかけてのリングア・フランカの役割を果す有力言語である。コンゴ北西部のリンガラ語や,ザンビアマラウイのニャンジャ語もそれに次いで広く用いられる。全般的に,接辞による活用や派生の組織が発達している。従来,それだけで1つの語族をなし,他のアフリカ諸語に対立するとされてきたが,近年 J.グリーンバーグらの研究で,ナイジェリアカメルーンの諸言語と親縁関係を有し (ベヌエ=コンゴ諸語 ) ,さらにニジェール=コルドファン語族の一部をなすことが認められつつある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バンツー‐しょご【バンツー諸語】
Bantu》アフリカの南部一帯で話される同系言語・方言の総称。ニジェール‐コンゴ語族に属し、スワヒリ語などを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんつーしょご【バンツー諸語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バンツーしょご【バンツー諸語】
アフリカ南部全域に広く分布する言語群の総称。ニジェールコンゴ語族ベヌエコンゴ語派に属し、言語数は五〇〇前後と推定される。主要な言語は、スワヒリ語・ルワンダ語・スクマ語・ソト語・ホサ語など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バンツー‐しょご【バンツー諸語】
〘名〙 (バンツーはBantu) アフリカ大陸の赤道付近から南に広がる共通した特徴をもつ言語の総称。名称は、これらの言語の大部分で共通する「人(複数)」を意味する語に由来する。単一の祖語から派生したと考えられている。スワヒリ語、ムエジ語、ルガンダ語、ルワンダ語ズールー語、コサ語などが含まれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンツー諸語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バンツー諸語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.