Rakuten infoseek

辞書

バレリーナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バレリーナ
ballerina; ballerine
バレエの舞台で主役を演ずることの許された女舞踊家。今日では一般にバレエを踊る女性舞踊手の味に使われることが多い。本来は,バレエ団に所属する女性舞踊家に与えられる階級名称の一つで,その最高の位置を占める者をプリマ・バレリーナという。伝統のあるパリ・オペラ座バレエ団では,プルミエール・ダンスーズ(女性第1舞踊手)がバレリーナにあたり,またプリマ・バレリーナにはエトワールが相当する。一方,ロシアのマリインスキー劇場バレエ団では,クラシック・バレエ作品の公演で主役を演じる,特に優れたソリストのみをバレリーナといった。なかでも最高のバレリーナにはプリマ・バレリーナ・アッソルータ prima ballerina assoluta(「完全な,絶対的なプリマ・バレリーナ」の意)の称号を与えたが,これは過去 200年に 2人,イタリア出身のピエリナ・レニャーニとマチルド・M.クシェシンスカしか許されなかったといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バレリーナ(〈イタリア〉ballerina)
バレエの女性舞踊手。本来は主役を踊る女性舞踊手をさす。
[補説]作品名別項。→バレリーナ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレリーナ[絵画]
東郷青児による油絵ベージュ基調に、頭の上で手を組んでポーズをとる長髪の女性ダンサーを描いたもの。昭和32年(1957)の作品。第4回日本国際美術展に出品し、大衆賞を受賞した代表作。東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館蔵。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

バレリーナ
バラの園芸品種名。つる性で小輪、淡桃色で中心部が白い一重咲きの花をつける。作出国はイギリス

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばれりーな【バレリーナ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バレリーナ【ballerina】
バレエの女性の踊り手。 本来は、主役を踊るプリマバレリーナをさす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バレリーナ
〘名〙 (ballerina) バレエの女性舞踊手。本来は一つのバレエ団における舞踊手の階級の一つで、バレエ団の最高の位置を占め、主役を演じソロを踊り得る女性舞踊手をさす。
※第3ブラリひょうたん(1951)〈高田保〉バレー「日本へ来訪したバレリーナといえば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレリーナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バレリーナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.