Rakuten infoseek

辞書

バリー レビンソン

現代外国人名録2016

バリー レビンソン
Barry Levinson
職業・肩書
映画監督

国籍
米国

生年月日
1942年4月6日

出生地
メリーランド州ボルティモア

学歴
アメリカ大学(ワシントン)中退

受賞
アカデミー賞作品賞・監督賞(1988年度)〔1989年〕「レインマン」,エミー賞(3回),ゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞(第49回)〔1992年〕「バグジー」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(第48回)〔1998年〕「ワグ・ザ・ドッグ」

経歴
大学で放送ジャーナリズムを専攻、7年間在学するが卒業できず、地元放送局で働く。1960年代後半ロサンゼルスに移りオックスフォード劇場で演技を修業。やがてテレビのコメディ台本を書き始め、「The Tim Conway Show」「The Carol Burnett Show」などで3つのエミー賞を受賞。その後、映画「サイレント・ムービー」(’76年)、「ジャスティス」(’78年)などの脚本に参加し、’82年故郷ボルティモアでの青春を下敷にして脚本を書いた半自伝的作品「ダイナー」で監督デビューを飾った。その後の作品に「Tin Men」(’87年)、「グッドモーニング・ベトナム」(’88年)、「レインマン」(’88年)、「バグジー」(’91年)、「ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ」(’97年)、「スフィア」(’98年)、「バンディッツ」(2001年)、「トラブル・イン・ハリウッド」(2008年)などがある。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリー レビンソン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バリー レビンソンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.