Rakuten infoseek

辞書

バリウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バリウム
barium
元素記号 Ba ,原子番号 56,原子量 137.327。周期表2族,アルカリ土類金属の1つ。2価の陽イオンをつくる。天然には毒重石重晶石などとして産出する。地殻における存在量 425ppm,海水中の存在量 0.002mg/l 。 1808年 H.デービーにより発見された。単体は黄白色の金属で,いくぶん展性がある。融点 725℃,比重 3.6。非常に酸化されやすいので石油中に保存する。水,アルカリにより分解し,水素を発生する。硫酸塩は水に不溶炎色反応は緑色を呈する。アルミニウムマグネシウム合金は真空管用ゲッターとして用いられる。また硫酸バリウムX線診断の際の造影剤として知られている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バリウム(barium)
アルカリ土類金属元素の一。単体は銀白色の軟らかい金属。空気中では酸化され、水とは激しく反応して水素を発生する。炎色反応は緑色。バリウムイオンは有毒。重晶石・毒重石などとして産する。合金材料に使用。元素記号Ba原子番号56。原子量137.3。
X線造影剤に用いる硫酸バリウムの俗称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

バリウム
 原子番号56,原子量137.327,元素記号Ba,2族(旧IIa族)の元素.アルカリ土金属の一つ.必須元素ではない.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バリウム【barium】
周期表元素記号=Ba 原子番号=56原子量=137.33地殻中の存在度=425ppm(13位)安定核種存在比 130Ba=0.101%,132Ba=0.097%,134Ba=2.42%,135Ba=6.59%,136Ba=7.81%,137Ba=11.32%,138Ba=71.66%融点=725℃ 沸点=1637℃比重=3.5(20℃)電子配置=[Xe]6s2 おもな酸化数=II周期表の第IIA族に属するアルカリ土類金属元素の一つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バリウム【barium】
2 族元素(アルカリ土類金属)の一。元素記号 Ba  原子番号56。原子量137.3。銀白色の軟らかい金属。炎色反応は黄緑色を示す。軸受け合金の成分などに用いる。バリウムイオンは無色で有毒。
X 線造影剤の硫酸バリウムの俗称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バリウム
ばりうむ
barium
周期表第2族に属し、アルカリ土類金属元素の一つ。化学的に活性であるため遊離して存在することはなく、重晶石BaSO4、毒重石BaCO3などとして産出する。またカルシウムに伴って広く地殻中に分布するが、その量ははるかに少ない。[鳥居泰男]

歴史

今日、重晶石bariteとよばれる硫酸バリウムの鉱石は、17世紀初めイタリアのボローニャで発見されている。比重4.5で、通常塩類の鉱石の2倍ぐらい重いので、「重い」のギリシア語barysにちなんで名づけられた。一方、スウェーデンのK・W・シェーレは1774年に、軟マンガン鉱MnO2の中に酸化バリウム(barytaとよばれた)が含まれることをみいだしている。1808年、イギリスのH・デービーは、酸化水銀と酸化バリウムの湿った混合物を電解してバリウムのアマルガムを得、蒸留によって水銀を除去して金属バリウムを単離することに成功した。水銀をまったく含まない純粋なものは、1901年、ガンツA. A. Guntzによって水素化バリウムの熱分解を通して初めて得られた。元素としての名称バリウムは、バライトbariteあるいはバライタbarytaの成分であることに由来している。[鳥居泰男]

製法

金属バリウムを電解法で直接的に得ることは困難であるので、主として蒸留冶金(やきん)によって製造される。すなわち、酸化バリウムを真空中約1200℃でアルミニウムやフェロシリコンで還元する。バリウムは蒸気となって出てくるので、これを冷却、凝縮させ、アルゴン気流中で再溶融する。塩化バリウムの水溶液を電解する方法もあるが、この場合でも陰極に水銀を用い、アマルガムの形で取り出す。これを減圧蒸留して大部分の水銀を除去したのち、水素気流中で加熱して水素化バリウムに変え、これを加熱分解して純粋な金属を得る。[鳥居泰男]

性質

銀白色の軟らかい金属で、体心立方格子の構造をとる。アルカリ土類金属中でもっとも高い沸点をもっている。化学的性質はカルシウム、ストロンチウムとよく類似しているが、それらよりは活性である。空気中で熱すれば燃焼して酸化バリウムと少量の過酸化バリウムを生ずる。窒素に対する親和力はアルカリ土類金属元素中もっとも大きく、空気中の燃焼生成物にもかならず窒化物が含まれる。純粋な窒素気流中で熱すればBa3N2の組成の窒化物が生成する。加熱により水素と直接化合し、かなり安定な水素化物BaH2を与える。水と激しく反応して水酸化バリウムを与え、水素を発生する。また、アルコールとも反応し、バリウムアルコラートを生ずる。
  Ba+2H2O→Ba(OH)2+H2
  Ba+2C2H5OH→Ba(C2H5O)2+H2
黄緑色の炎色反応を示す。[鳥居泰男]

用途

アルミニウムまたはマグネシウムの合金として真空管のゲッターに、ニッケルの合金として自動車の点火栓に、またカルシウム‐鉛の合金として車両用の軸受に使用される。なお、バリウムイオンは生体内では有毒であるから取扱いに注意を要する。また、X線造影剤として用いられるバリウム塩は硫酸バリウムである。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バリウム
〘名〙 (barium) アルカリ土類金属元素の一つ。元素記号 Ba 原子番号五六。原子量一三七・三三。銀白色の延性に富むやわらかい金属。水と激しく作用して水素を発生し、空気中で熱すると緑色の炎をあげて燃え酸化バリウムとなる。天然には毒重石、重晶石などとして産出。合金材料として用いられる。また、硫酸バリウムは水に溶けず腸管からの吸収が全くなく、X線を通さないので胃腸管のX線診断に際して造影剤として用いられる。〔舎密開宗(1837‐47)〕
※白く塗りたる墓(1970)〈高橋和巳〉一〇「バリウムを飲んで胃腸の検査」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バリウムの関連情報

他サービスで検索

「バリウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.