Rakuten infoseek

辞書

バフチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バフチン
Bakhtin, Mikhail
[生]1895.11.17. オリョール
[没]1975.3.7. モスクワ
ロシアの文芸学者。フルネーム Mikhail Mikhailovich Bakhtin。ペトログラード大学文学部卒業。『ドストエフスキーの創作の諸問題』Problemy tvorchestva Dostoevskogo(1929)でフョードル・ミハイロビッチ・ドストエフスキーの小の「多声性」を分析し,文学作品の構造的研究に清新な視点を導入した。大著『フランソワラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』Tvorchestvo Fransua Rable i narodnaya kul'tura srednevekov'ya i Renessansa(1965)では民衆の笑いの文化を公式の硬直した文化に対比させるなど,骨太の雄大な文明史的視点を提示した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バフチン(Mikhail Mikhaylovich Bakhtin)
[1895~1975]ソ連文芸学者。幅広い知識のもとに近代の文学論の狭隘(きょうあい)さを指摘、言語学・民俗学・歴史学などにも大きな影響を与えた。作「フランソワ=ラブレーの作品と中世・ルネサンスの民衆文化」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バフチン【Mikhail Mikhailovich Bakhtin】
1895‐1975
ソ連邦の文芸学者。1920年代に文筆活動を始める。バフチンの名で出た著作以外に,《フロイト主義》(1927)や《マルクス主義言語哲学》(1929)をはじめとするV.N.ボロシノフ名義の一連の著作,《文学研究における形式的方法》(1928)といったP.N.メドベジェフ名義の著作も事実上バフチンのものであるとの説もある。その場合には,〈マルクス主義的記号学〉の主唱者でもあり,ロシア・フォルマリズムを内在的に批判した代表的文献著者でもあったということになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バフチン【Mikhail Mikhailovich Bakhtin】
1895~1975 ソ連の文学理論家。ラブレー研究のほか、対話理論・ポリフォニー論の創始者としても知られる。記号論のタルトゥー学派の祖。著「ドストエフスキーの詩学」「フランソワ=ラブレーと中世ルネサンスの民衆文化」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バフチン
ばふちん
Михаил Михайлович Бахтин Mihail Mihaylovich Bahtin
(1895―1975)
ソ連の文芸学者、美学者。1920年代初頭より、文学・美学関係の著作を数多くものしていたが、当時公刊されたのは、ドストエフスキーの作品がもつポリフォニー的性格を解明した『ドストエフスキーの創作の諸問題』(1929)と、数編の小論のみである。その他の著作は、おもに政治的理由のために出版されず、前記の著書の改訂版『ドストエフスキーの詩学の諸問題』が出た1963年以降になってようやく日の目をみている。独自の対話論を根底に据え、文芸学、文学史、芸術史、民俗学、言語学、心理学、歴史学、思想史等々のきわめて幅広い知識を駆使したその仕事は、旧ソ連諸国内のみならず世界的にもひときわ高い評価を受けている。主著としては、上述のドストエフスキー論のほか、ラブレーに対する狭隘(きょうあい)な近代化解釈を「民衆の笑い」論、カーニバル論を軸にして打ち砕いた『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』(1965)があげられる。また、小説のことば論関係の著作その他を集めた『文学と美学の諸問題』(1975)と『言語作品の美学』(1979)が、死後に出版されている。
 さらに、今日では、『フロイト主義』(1927)や『マルクス主義と言語哲学』(1929)をはじめとするボロシノフ名義の著作、『文学研究における形式的方法』(1928)といったメドベジェフ名義の著作も、事実上バフチンのものである、との説が有力になっている。この説に従う立場をとるならば、バフチンは「マルクス主義的記号学」の主唱者でもあり、ロシア・フォルマリズムを内在的に批判した代表的人物でもあった、ということになる。[桑野 隆]
『新谷敬三郎訳『ドストエフスキイ論――創作方法の諸問題』(1968・冬樹社) ▽川端香男里訳『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』(1974・せりか書房) ▽桑野隆訳『マルクス主義と言語哲学』(1976/改訳版・1989・未来社) ▽伊東一郎他訳『ミハイル・バフチン著作集』全8巻(1979~1988・新時代社) ▽桑野隆著『バフチン――〈対話〉そして〈解放の笑い〉』(1987/新版・2002・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バフチン
(Mihail Mihajlovič Bahtin ミハイル=ミハイロビチ━) ソ連の文芸学者、美学者。独自の対話論を根底に据え、極めて幅広い知識を駆使した業績はドストエフスキー論、ラブレー論などの文芸論の他に、文学と言語の関係論、記号論に及んだ。著作に「ドストエフスキーの詩学の諸問題」「フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化」「言語作品の美学」など。(一八九五‐一九七五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バフチン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バフチンの関連情報

関連キーワード

日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.