Rakuten infoseek

辞書

バトゥ

世界大百科事典 第2版

バトゥ【Batu】
1207‐55
キプチャク・ハーン国の創始者。在位1227‐55年。チンギス・ハーンの長子ジュチの次男。父の死後ハーン位を継承した(1227)。1236年から始まったモンゴル軍の西征では,総大将としてロシア・東欧に侵入し,1241年のリーグニツの戦では,ヨーロッパ連合軍を粉砕した。ハンガリー攻略中に,オゴタイ・ハーンの死を知り(1242),兵を返したが,自分はボルガ下流域に建設したサライを中心に,キプチャク・ハーン国を建てた(1243)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

バトゥ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バトゥの関連情報

関連キーワード

源空道元の母承元アセン兄弟道元ディグリー・ミル卸売市場安喜門院九条兼実建永

他サービスで検索

「バトゥ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.