Rakuten infoseek

辞書

バティック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バティック
batik
東南アジア産の臈纈 (ろうけち) の布。現在日本でバティックという場合には,インドネシア産のものをさし,一般にはジャワ更紗といわれている。現在のインドネシアのバティックには,伝統的なデザインと植物性染料を用いて製作されたもののほか,外国からの影響を受けたデザイン,輸入化学染料を用いた多彩なものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

バティック(〈マレー〉batik)
ジャワ島付近で作られる伝統的な文様染め。蝋(ろう)で染して文様を表した綿布。インドネシアのものはユネスコ無形文化遺産に登録されている。ジャワ更紗(サラサ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バティック【batik】
ジャワ更紗のことで,蠟の防染によって染める。中部ジャワのソロ,ジョクジャカルタ両古都周辺が本場で,色は藍と茶褐色が古来色調である。あかね)や緑,淡紅その他の色は,18世紀以降中国やインド,アラブ諸国の影響をうけたジャワ島北岸のチルボンやペカロンガンなどのバティックに多用された。色もそうだが,とくにその模様において,ジャワ各地でも地域により多様性をみせてきた。例えばチルボンでは王宮門に獅子ペルシアと中国の雷文,大柄な雲の模様などに大胆な特色をみせ,ペカロンガンを中心とする地域は唐草模様に飛ぶ鳥が主調である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バティック【batik】
インドネシアのジャワ島を中心に生産される文様染め。植物染料を使用し、蠟ろう防染による。ジャワ更紗サラサ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バティック
〘名〙 (batik) インドネシアのジャワ島付近で作られる模様染め。蝋で防染して文様を表わした綿布。ジャワ更紗。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バティック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バティックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.