Rakuten infoseek

辞書

バインダー

デジタル大辞泉

バインダー(binder)
書類・雑誌・新聞などをとじ込む文具。厚い表紙に留め金やひもの付いたもの。
稲などを自動的に刈り取って束ねる農業機械

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バインダー【binder】
新聞・書類などの綴込用具のこともいうが,ここでは農業機械のバインダーについて述べる。刈取結束機ともいい,穀物を刈り取り,適量ずつ自動的にひもで縛って束にして機体の側方へ投げ出す穀物収穫機。アメリカでは19世紀中期に畜力用大型バインダーが考案され,さらにトラクター牽引(けんいん)型に発達して1930年ころまで欧米で広く使用されたが,コンバインの出現により現在ではほとんど用いられていない。欧米の大型バインダーに対して,日本では1950年代に小束を作る小型バインダーが開発され,イネ刈取りを中心に現在も広く利用されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

バインダー【binder】
用紙・書類などを綴じ込むための文房具。綴じ込み用表紙。
接合剤。
麦などを刈り取って自動的に束ねる機械。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バインダー
〘名〙 (binder)
文房具の一つ。中身の取りはずしが自由にできるとじ込み用の表紙。
② 印刷インキ中の顔料を紙面に固定させるもの。乾性油ワニスや樹脂の類。
③ 農作業で使用される自動刈取り結束機。
④ ミシンの付属器具の一つ。布地の端を玉縁で始末するためのもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バインダー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バインダーの関連情報

他サービスで検索

「バインダー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.