Rakuten infoseek

辞書

バイシャ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バイシャ
Vaiśya
インドのカーストの一つ。ビシュ visともいう。4カーストのうち,バラモンクシャトリヤに次ぐ第3の階級で,庶民すなわち,農耕牧畜商業に従事する人々。第4のシュードラが被征服民とされるのに対して征服民であるアーリア人に属する。7世紀にはバイシャは商人に限られるようになった。近代インドではカーストの数は数千に達するといわれ,職業ごとにカースト集団をつくっているため,バイシャは北インド各地の商人カーストである中産階級の尊称ともなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

バイシャ【vaiśya】
インドのバルナ(種姓)制度で第3の庶民階級。《マヌ法典》などのインド古典では,農業,牧畜,商業に従事することが義務づけられている。バイシャという語は前期ベーダ時代アーリヤ人氏族部族を意味した〈ビシュviś〉に由来する。つづく後期ベーダ時代に部族内部が階層分化し,司祭者(バラモン)と王侯武士(クシャトリヤ)の両バルナが成立すると,農業,牧畜,商業に従事していた部族の一般民はバイシャとして位置づけられ,上位の両バルナを貢納によって支える義務を負わされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

バイシャ
ばいしゃ
Vaiya
古代インドで成立した四つの社会階層(バルナ)の一つで、農民、手工業者などの庶民階層。
 四バルナ社会理論においては、再生族(学問を始める儀式であるウパナヤナ=入門式を受けることによって二度生れる者という意)とされ、一生族(ウパナヤナを受けないので一度しか生れない者の意)としてのシュードラから区別されたが、実際の社会において、両階層の間にどれだけの区別があったかという点については、かならずしも明確ではない。中世カースト制度においては、商人諸カーストのみがバイシャに属するとされ、農民や手工業者の諸カーストはすべてシュードラに属するとされた。[小谷汪之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バイシャ
〘名〙 (Vaiśya) インドの四姓(カースト)のなかで第三の身分。農業・商業に従う庶民。バラモンの法典では農業・牧畜・商業に従うことが定められたが、七世紀までに商人に限られることになった。今日では商人カーストをさす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイシャ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バイシャの関連情報

関連キーワード

ビス島小ねじビスコンティ[家]プラスねじMomentsJuly 1stvogueビスコンティ家ビリアル小ねじ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.