Rakuten infoseek

辞書

バイカル湖【バイカルこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

バイカル湖
バイカルこ
ozero Baykal
ロシア中東部,東シベリア南部にある大きなブリヤート共和国とイルクーツク州にまたがって北東-南西方向に延びる細長い湖で,長さ 636km。幅は平均 48km,最大 79.4km。周囲 2100km,面積 3万1500km2。世界最深の湖として知られ,最大水深は 1620m。水量は 2万3000km3に達する。地溝にできた構造盆地湖で,北西岸はプリモルスキー,バイカル,南東岸はバルグジン,ウーランブルガスイ,ハマルダバンなど急斜面の山脈に囲まれる。湖面標高 456m。湖に大小 336の河川流入し,セレンガ,バルグジン,ベルフニャヤアンガラなど大きな川は河口に三角州を形成している。流出河川はアンガラ川のみで,湖の南西部北岸から北流してエニセイ川に合流する。湖中には多数の島があり,オリホン島,大ウシカニー島が大きい。世界で最も透明度の高い湖の一つで,最大透明度 40.5m。水温は低く,8月でも 10~12℃にすぎない。1~5月は結氷動植物が豊富で,固有種の多いことで知られている。サケ類のオームリ,ハリウスの漁獲を中心に漁業も盛んである。湖上航路があり,木材流送も行なわれ,冬季には氷上道路が開通する。沿岸主要都市はスリュジャンカ,バイカリスク,バーブシキン。アンガラ川が流れ出る地点の東岸に位置する集落リストビャンカには科学アカデミーの湖沼学研究所がある。観光シーズンにはイルクーツクから訪れる観光客が多い。1996年世界遺産の自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

バイカル湖
シベリア南部にある三日月状の湖。長さ639キロ、最大幅80キロ。面積3万1500平方キロは琵琶湖の約47倍。深さは約1700メートルで世界最深。氷河を除く世界の淡水の約20%を保持し、透明度も世界最高とされる。沿岸は切り立ったがけ状で300以上の河川から水が流入。出口は最南部に近いアンガラ川1カ所。湖中や周辺に固有の生物も多く、96年にユネスコ世界自然遺産に登録された。
(2006-04-05 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

バイカル‐こ【バイカル湖】
Ozero BaykalОзеро Байкал》ロシア連邦、シベリア南部にある三日月形の淡水湖。世界一深い湖で、最大水深は約1620メートル。透明度も高い。面積3万1500平方キロメートル。冬は氷結する。約2500万年前に海溝が陸封されて淡水化したと考えられている。チョウザメ、オームリ(サケ科の一種)などが生息するほか、バイカルアザラシという世界で唯一の淡水性アザラシをはじめ固有種が多い。1996年に世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

バイカルこ【バイカル湖】
1996年に登録されたロシアの世界遺産(自然遺産)で、シベリア南東部、シベリア連邦管区のブリヤート共和国とイルクーツク州にまたがる湖。琵琶湖の約47倍にあたる3万1500km2の面積を持つ細長い湖で、その深度(1620m)と透明度は世界一とされる。また、2500万年前に誕生した世界最古の断層湖でもある。現在確認されているだけでも1500種の水生生物が生息し、そのうちの3分の2が固有種である。この中にはオームリやバイカルアザラシが含まれる。◇英名はLake Baikal

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

バイカルこ【バイカル湖】
Baikal ロシア連邦、シベリア南部にある世界最大の淡水湖。世界最深の湖。最大深度1620メートル。冬季には結氷。アンガラ川の水源。面積約3万平方キロメートル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

バイカル湖
ばいかるこ
Озеро Байкал Ozero Baykal
ロシア南東部、中央シベリアにあるユーラシア大陸最大の淡水湖。北東―南西方向に延びる三日月形をしており、長さ636キロメートル、最大幅79.4キロメートル。面積は3万1500平方キロメートルで、淡水湖としては世界第7位の広さをもつ。古第三紀末期に始まる正断層活動による地溝に生じた断層湖で、周辺は現在なお地震が多い。バイカル湖は雁行(がんこう)する三つの湖盆からなり、いずれも非常に深いが、とくに中央の湖盆は水面からの深さが1741メートルあり、これは湖としては世界最深である。湖面は標高455メートル、周囲の山脈は湖面上1500~2000メートル程度の高さがある。湖岸は一般に急斜面で、湖岸平野は狭い。セレンガ川をはじめ336の河川が流入するが、流出路は南西端に近いアンガラ川(エニセイ川の支流)だけである。湖内に27の島がある。
 湖の表面水温は夏季には9~12℃、湖岸では20℃に達する。1月から5月にかけて結氷し、氷厚70~115センチメートルに達するが、それでも沿岸の気候を和らげており、沿岸地域は周辺地域より10℃以上暖かい。湖水は鉱物質源に乏しく弱アルカリ性で、塩分濃度は1リットル中150ミリグラム以下である。透明度が高いことでも知られ、40.5メートルという1911年の観測値は世界歴代2位の記録である。陸地に閉じ込められたため淡水性となったアザラシなど、特有の生物が多く生息し、約1200種の動物種のうちバイカル湖固有の動物はその4分の3を占める。漁業が盛んで、サケ、マス、チョウザメ漁などが行われる。また木材、鉱石などの水上輸送路としても重要である。アンガラ川の流出口に位置するリストビャンカЛиствянка/Listvyankaに科学アカデミー湖沼学研究所があり南岸をシベリア鉄道が通る。なお、この湖は1996年に世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[熊木洋太]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

バイカル‐こ【バイカル湖】
(バイカルはBajkal) ロシアの東シベリア南部にあるユーラシア大陸最大の淡水湖。地溝帯にできた細長い湖で、表面積三万一五〇〇平方キロメートル。最大水深は一七四一メートルで世界第一。一二月末から五月の初めまでの間は結氷する。動植物が豊富で、太古から残存した固有種が一〇〇〇種にあまる。三三六の川が流入するが、エニセイ川支流のアンガラ川が唯一の流出河川。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイカル湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

バイカル湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.