Rakuten infoseek

辞書

ハープシコード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハープシコード
harpsichord
チェンバロ」「クラビチェンバロ」「クラビア」「クラブサン」ともいう。鍵盤付きの弦楽器の一種。 16~18世紀にいろいろの形や構造をもったものが作られたが,現在のグランド・ピアノに似た形が一般的。キーを押すとその先端に載っているジャックという装置が飛上がり,羽毛の芯や皮革製の爪で弦をかき鳴らす。音域は一定しないが,鍵盤上では5オクターブぐらいが普通である。しかし,性質の異なる数セットの弦を使い分けるため実際の音域はもっと広くなる。鍵盤は1段ないし2段。バロック時代には独奏用,通奏低音用に重用されたが,18世紀末からピアノの興隆につれてすたれ,現在ではバロック音楽の復興の波にのって再び多用されるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハープシコード(harpsichord)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハープシコード【harpsichord】
16世紀から18世紀にかけてヨーロッパで重用された鍵盤付撥弦楽器の一種。チェンバロcembalo,クラビチェンバロclavicembalo(ともにイタリア語),クラブサンclavecin(フランス語)とも呼ばれる。一定の音高に調律された弦を,鍵に連動するプレクトラムで弾いて音を出す。この点が,ハンマーで弦を打って音を出すピアノとは大きく異なり,まったく別種のタッチを必要とする。弦を鍵盤と直角に張った現代のグランド・ピアノに似た形であるが,広義には弦の張り方が異なるスピネットバージナルをも含めてハープシコード族と呼ばれることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハープシコード【harpsichord】
鍵盤楽器の一。グランドピアノを小さくしたような型の撥弦楽器で、鍵に連動する爪が弦を弾はじいて音を出す。一六~一八世紀に、ヨーロッパ音楽で広く用いられた。クラブサン。チェンバロ。クラビチェンバロ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハープシコード
はーぷしこーど

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハープシコード
〘名〙 (harpsichord) 鍵盤楽器の一つ。ピアノの前身で、一六~一八世紀にバロック音楽の主要な独奏・合奏楽器として盛行。鍵盤をたたくと爪が鋼鉄の弦をはじいて発音する。チェンバロ。クラブサン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハープシコード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハープシコードの関連情報

他サービスで検索

「ハープシコード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.