Rakuten infoseek

辞書

ハーナウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハーナウ
Hanau
ドイツ中部,ヘッセン州の都市。フランクフルトアムマインの東約 20km,マイン川沿岸に位置する。 1303年市制。長い伝統をもつダイヤモンド加工,金,銀,プラチナ細工などの宝石・貴金属加工と取引が盛ん。石英ガラス,化学,ゴム,ビール醸造などの諸工業も立地。町の 80%以上が第2次世界大戦中空襲で破壊されたが 14世紀のマリエン聖堂,2つの市庁舎など歴史的建造物が残されている。グリム兄弟の生誕地で,その記念碑もある。人口8万 6913 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハーナウ(Hanau am Main)
ドイツ中部、ヘッセン州の都市。マイン川と支流キンツィヒ川の合流地点に位置し、中世より交通の要衝として発展。グリム兄弟の生誕地。カッセルを経てブレーメンに至るメルヘン街道の南の起点。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハーナウ
はーなう
Hanau am Main
ドイツ中部、ヘッセン州の都市。人口8万8300(2000)。マイン川と右岸の支流キンツィヒ川との合流点に位置し、古来、交通上の要地。12世紀に築かれた城の周囲に発達した集落は、1303年に都市権を得た。16世紀末には、旧教徒の為政者に迫害されたベルギー、オランダからの新教徒亡命者を受け入れ、整然とした区画の新市街が建設された。童話で知られるグリム兄弟の生地で、カッセルを経てブレーメンに至るいわゆる「メルヘン街道」の起点。ライン・マイン工業地域の東端にあり、伝統工業の繊維、貴金属加工、宝石研摩のほか、タイヤ工業などが立地する。[朝野洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーナウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハーナウの関連情報

他サービスで検索

「ハーナウ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.