Rakuten infoseek

辞書

ハードウエア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハードウエア
hardware
ソフトウエアに相対する言葉として用いられ,コンピュータの装置自体,あるいはさらに狭い意味では,コンピュータを構成する電気回路のうちの論理回路や記憶回路とその実装技術のことをいう。最近ではコンピュータに限らず,あらゆる機器において,機器自体の構造などに関することをハードウエアといい,機器の利用面のことをソフトウエアというようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ハードウエア
ハードウエアは、形ある機械、ソフトウエアはハードウエアを動かすためのプログラムやデータの集まりのこと。それぞれハード、ソフトと略すこともある。ハードウエアはパソコン本体、周辺機器、内部の部品など。ソフトウエアには、基礎となるOSと、ワープロや表計算といったアプリケーションソフト、実行するプログラムを含まないデータ集などがある。また、ソフトウエアは無形であることから、より広く、機器を利用するノウハウや知識、情報などを指すこともある。
(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

ハードウエア
パソコンの世界では、形のある機械のことを「ハードウエア」といいます。つまり、パソコン本体や周辺機器、中の部品などです。もとは「金物、鉄器」といった意味です。
⇨周辺機器、ソフトウエア

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ハードウエア(hardware)
《金物の意》
機械設備。機器。情報・理論などに対し、有形のものをいう。HW。⇔ソフトウエア
コンピューターの機器本体。入出力装置・記憶装置などの総称。HW。⇔ソフトウエア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ハードウエア【hardware】
コンピューターシステムを構成する装置・機器。 ⇔ ソフトウエア

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハードウエア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハードウエアの関連情報

他サービスで検索

「ハードウエア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.