Rakuten infoseek

辞書

ハートリー【はーとりー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハートリー(David Hartley)
はーとりー
David Hartley
(1705―1757)
イギリスの医者、心理学者。ヨークシャーのアームリー生まれ。ケンブリッジのジーザス・カレッジで聖職者になるために神学などを学んで1729年学位を得た。その後医学に進み、ニューアーク、バスで開業した。1749年主著『人間観察』Observation on Man, His Frame, His Duty, and His Expectationsを出版、このなかでロックの「観念連合」の理論を独自に詳しく展開し、いわゆる連想心理学を創設した。彼の仕事はJ・ミルに高く評価され、後の生物学や心理学に影響を与えた。[内田 謙]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハートリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハートリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.