Rakuten infoseek

辞書

ハーケンクロイツ

デジタル大辞泉

ハーケンクロイツ(〈ドイツ〉Hakenkreuz)
鉤(かぎ)十字卍(まんじ)と同起源であるが、右鉤で、右まんじとも呼ばれる。ドイツナチスの党章に用いられ、1935~1945年には、ドイツの国旗としても使われた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はーけんくろいつ【ハーケンクロイツ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハーケンクロイツ【Hakenkreuz】
かぎ十字。さかさまんじ。ナチスが 〓 の形で党章に採用し、1935~45年にはドイツ国旗にも用いられた紋章。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

ハーケンクロイツ
古代よりアジアや西洋で用いられてきた図形「鉤(かぎ)十字」のドイツ語名。特にナチス・ドイツにより用いられた鉤十字のこと。鉤十字は日本では(まんじ)と呼ばれており、鉤型の先端が左を向いている「左まんじ」だが、ヒトラーによりドイツで結党された国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)で、逆向きの「右まんじ」が党章として採用された。1935~45年にはドイツ国旗にも用いられており、ナチス・ドイツの紋章として世界的に知られている。
(2015-8-24)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーケンクロイツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハーケンクロイツの関連情報

他サービスで検索

「ハーケンクロイツ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.