Rakuten infoseek

辞書

ハンス アルベーン

20世紀西洋人名事典

ハンス アルベーン
Hannes Olof Gösta Alfvén


1908.5.30 -
スウェーデンの宇宙物理学者。
ノルチェーピング生まれ。
1934年にウプサラ大学博士号を取得し、’63年からはプラズマ物理学の教授になった。電気伝導性を持つ流体が強い磁場のなかを動くとき、独特の波動が発生することを発見し(アルヴェーン波)、また、プラズマの磁場への(凍結)現象も発見した。又、太陽系の諸惑星の起源に関する理論も展開した(アルヴェール理論)。磁場中のプラズマを研究する磁気流体学の分野の基礎を築いた業績により、’70年にノーベル物理学賞を受賞した。また’66年小説「巨大なコンピューターのサガ」を出版している。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンス アルベーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハンス アルベーンの関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

「ハンス アルベーン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.