Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ハンガイ山脈【ハンガイさんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハンガイ山脈
ハンガイさんみゃく
Hangayn nuruu
モンゴル中部にある北西-南東方向の山脈。北西端はヒャルガス湖,ハルオス湖などの集る湖沼盆地に接し,南東端はゴビに続く。全長約 700km。標高 2000~3000m。最高点はオトゴンテンゲル山のエンフタイバン (平和) 峰で 3905m。中央部では平らな頂と切立った岩壁がみられるが,南北両方向へいくにつれて山容は穏やかになり,高度も減じる。北面にはカラマツ,シベリアスギなどの針葉混合樹林が多い。中央部の山腹には豊かな牧草地が広がり,ウシヒツジを中心に放牧が行われる。北麓を流れるセレンゲ川の谷ではコムギが栽培され,モンゴル穀倉地帯となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハンガイ山脈
はんがいさんみゃく
Khanghain Nuruu

モンゴル中部を北西から南東に連なる山脈。全長700キロメートル、南方のアルタイ山脈とほぼ並行する。平均標高2000~3000メートル。3200~3500メートル級の峰が連なり、最高峰は西部にあるオトゴン・テンゲル(4031メートル)。セレンガ川、オルホン川、ザブハン川などの水源であり、2600~2700メートル以上は高山帯、その下は山岳森林ステップ帯となり、山稜(さんりょう)の東側と南側はステップで、モンゴルで有数の豊かな牧草地が広がる。東部地域は古くから交通、軍事の要衝でもあり、トルコ系の突厥(とっけつ)やウイグル人の国家の王庭が置かれた。また、後のモンゴル帝国の首都カラコルムもこの地に建設された。

[吉田順一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハンガイ山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハンガイ山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.