Rakuten infoseek

辞書

ハロゲン族元素【ハロゲンゾクゲンソ】

デジタル大辞泉

ハロゲンぞく‐げんそ【ハロゲン族元素】
周期表第17(ⅦB)弗素(ふっそ)塩素臭素沃素(ようそ)アスタチンの5元素の総称。非金属元素で、一価の陰イオンになりやすく、金属と典型的な塩(えん)を作り、化合力は原子番号が増すほど弱い。造塩元素ハロゲン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ハロゲンぞくげんそ【ハロゲン族元素】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハロゲン族元素
はろげんぞくげんそ
halogens
周期表第17族元素のフッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチンの五元素の総称。単にハロゲンともいう。一価の陰イオンとなりやすく、金属元素と典型的な塩をつくるので、古く造塩元素とよばれた。すなわちギリシア語の「塩」を意味するalosと、「生ずる」を意味するgennanに由来してhalogensとよばれるようになった(スウェーデンのベルツェリウスの命名)。地球上では塩素の存在量がもっとも多く、ついでフッ素、臭素、ヨウ素の順である。いずれも海水や鹹水(かんすい)、あるいは岩塩、チリ硝石などの鉱床に集まっているので、採取しやすい。また単体あるいは化合物として有用なものが多いので、よく知られている。アスタチンは放射性元素で、存在量はきわめて微量である。常温でフッ素、塩素は気体、ヨウ素は固体であるが、臭素は常温で液体の唯一の非金属単体である。一般に電気陰性が強く、非金属性を示すが、この傾向は原子番号増大の順に減少して、アスタチンではかなり金属的になっている。化合物の酸化数は、フッ素はつねに-1であるが、そのほかの元素は-1のほかに、+1、+3、+5、+7などもある。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハロゲン族元素
ハロゲンぞくげんそ
ハロゲン」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハロゲン族元素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハロゲン族元素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.