Rakuten infoseek

辞書

ハルツーム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハルツーム
Khartoum; Al-Khurtūm
スーダン首都で,政治,経済の中心地。名称は「ゾウの体」を意味するアラビア語に由来。 1820年ムハンマドアリーによって建設された。 1885年マフディー派によって破壊され,1898年以後イギリスのキッチナー将軍が,ブルーナイル川左岸,ホワイトナイル川との合流点の付近に新市街を建設した。 1956年まで,イギリス=エジプト領スーダンの政庁所在地となり,スーダン独立後首都となった。世界有数の暑熱の国スーダンのなかでも気温の高い都市で,6月の平均気温は 33.7℃,冬でも 23℃前後である。ポートスーダンウバイド,アスワン地方からの鉄道が通じ,河川交通の中継地ともなっている。大手商社の本社や,繊維,アラビアゴム,ガラス,印刷,農産物加工など国内生産物の加工工場の所在地として発展した。ブルーナイル川を渡ったところにはハルツームバフリーがあり,工業地区が形成された。美しい街路樹の植えられた市街には,宮殿官庁,大学などの建物や,多くの宗派聖堂モスクが建てられている。国際空港がある。人口 141万858(2008)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハルツーム(Khartoum)
スーダン共和国の首都。白ナイル青ナイルとの合流点にあり、交通の要地。青ナイルの対岸ハルツームノース、および白ナイル対岸のオムドゥルマンとともに都市圏を構成する。綿花などの集散地。1820年頃、エジプトの太守ムハンマド=アリーが建設して象牙奴隷の取引基地となった。人口、行政区232万(2009)。ハルトゥームカルツーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハルツーム【Khartoum】
アフリカ北東部,スーダン民主共和国の首都。アラビア語でal‐Kharṭūm。人口92万5000(1993)。ウガンダから流れる白ナイルとエチオピアからの青ナイルの合流点にあり,隣接するハルツーム・ノース(人口87万9000,1993),オムドゥルマンとはそれぞれ橋と道路で結ばれる。政治・経済の中心地はハルツーム地区である。1820年エジプトのムハンマド・アリーによって建設され,ナイル航路の港として象牙・奴隷貿易等でにぎわった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハルツーム【Khartoum】
スーダン共和国の首都。白ナイルと青ナイルの合流点に位置し、水陸交通の要衝。カルツーム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハルツーム
(Khartoum) スーダン共和国の首都。アフリカ北東部、白ナイルと青ナイルの合流点にある。綿花の集散地。また、奴隷の取引地として知られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハルツーム
はるつーむ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルツーム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハルツームの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.