Rakuten infoseek

辞書

ハルシュタイン・ドクトリン【はるしゅたいんどくとりん】

世界大百科事典 第2版

はるしゅたいんどくとりん【ハルシュタイン・ドクトリン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハルシュタイン・ドクトリン
はるしゅたいんどくとりん
Hallstein Doctrine
1955年末に表明された、「ソ連を除き、東ドイツを承認する国家とは外交関係を結ばない」という旧西ドイツの外交上の原則をいう。当時の西ドイツ外務次官ハルシュタインW. Hallsteinの名をとってこのようによばれるが、実際の提唱者は当時アデナウアー首相の顧問をしていたW・グレーウェWilhelm Greweであったともいわれる。この原則は、西ドイツのみが国際法上存在する唯一のドイツ国家であり、したがって全ドイツ民族を代表し、その名の下に行動することができる唯一の主体であるとする唯一代表権の主張に基づき、57年ユーゴスラビア、63年キューバに適用された。こうしてこの原則は、一時は東ドイツの国際法的承認を妨げるうえでかなりの効果をあげたが、現実はかえってこの原則に固執すればするほど西ドイツ自らの孤立を招く結果になった。67年西ドイツはルーマニアと外交関係を樹立、また翌68年ユーゴと外交関係を再開して、事実上同原則を放棄した。[深谷満雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハルシュタイン・ドクトリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハルシュタイン・ドクトリンの関連情報

他サービスで検索

「ハルシュタイン・ドクトリン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.