Rakuten infoseek

辞書

ハノーファー

デジタル大辞泉

ハノーファー(Hannover)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハノーファー【Hannover】
ドイツ北西部,ニーダーザクセン州の州都。人口52万6000(1995)。州政府・諸官庁や州議会のある官庁都市であるとともに,工科大学(1879年創立。1968年工科総合大学となる),医科・獣医大学,芸術大学等多数の教育・研究機関のある文教都市であり,かつまた機械,車両,電機,化学等の近代的工業の発達した工業都市でもある。1947年以来毎年催される国際工業見本市でも有名。内陸都市だが水路(ミッテルラント運河)もあり,国際空港も擁して交通・運輸の便はよい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ハノーファー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハノーファーの関連情報

他サービスで検索

「ハノーファー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.