Rakuten infoseek

辞書

ハニームーン【はにーむーん】

知恵蔵mini

ハニームーン
夏至に近い時期に現れる、特に大きく見える満月のこと。この時期の月は天空の低い位置を通るため見かけ上大きくなり、また地平線近くではより大きく見え、赤く染まりやすいことから、希少な天体現象として注目される。ハニームーンが見られる頻度は数十年に一度。新婚時期や新婚旅行を表す「ハネムーン」の語源であるとの説もある。2014年6月13日、「13日の金曜日」にハニームーンとなり、これは約100年に1度しか起こらない。かつ、この時は月と地球との距離が非常に近づいていたため、通常のハニームーンより更に大きく見えた。
(2014-6-17)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハニームーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハニームーンの関連情報

他サービスで検索

「ハニームーン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.