Rakuten infoseek

辞書

ハドロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハドロン
hadron
強い相互作用をする素粒子中間子バリオン総称強粒子ともいう。ハドロンのうち,スピンが整数のボソンを中間子,スピンが半奇数のフェルミオンをバリオンという。原子核は,最も軽いバリオンの陽子と中性子が,最も軽い中間子の π 中間子を媒介として結合したハドロン系である。ハドロンはアイソスピンの多重項を形成し,多重項ごとに素粒子名がつけられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハドロン(hadron)
素粒子のうち、強い相互作用をもつものの総称。バリオン中間子があり、基本粒子クオークからなる。強粒子。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素粒子事典

ハドロン
記号電荷質量スピンパリティ寿命分類

いろいろいろいろいろいろいろいろいろいろハドロン

強い力に感じる素粒子。 クォークあるいは反クォーク(複数)からできている。

出典:素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハドロン【hadron】
強粒子ともいう。電磁相互作用,弱い相互作用のほかに,主として強い相互作用をする素粒子の一群。ハドロンのうちバリオン数(素粒子の種類によって決まる量の一つ)0のものを中間子,バリオン数1のものをバリオンと呼ぶ。これらのハドロンは整数または半整数のスピンをもち,質量もπ0中間子の135MeVから10GeV強のものに至るまで数百個も見つかっている。このようにハドロンの数が多いということは,ハドロンがもっと基本的な粒子であるクォークの複合系からできていると考えればうまく理解できる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ハドロン【hadron】
素粒子のうち、強い相互作用を行うものの総称。これはさらに半整数スピンのバリオンと、整数スピンの中間子(メソン)とに分けられる。ハドロンはさらに基本的な粒子クオークから構成されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハドロン
はどろん
hadron
素粒子のうち、強い相互作用をする粒子の総称。ハドロンはギリシア語で強い粒子の意味である。ハドロンのうち、スピン半整数(1/2、3/2、……)でフェルミ統計に従うものを重粒子(バリオン)、整数スピンでボース‐アインシュタイン統計に従うものを中間子(メソン)という。前者には、陽子、中性子、Λ(ラムダ)粒子、Σ(シグマ)粒子などが属し、後者にはπ(パイ)中間子、K中間子などが属する。今日の素粒子の物理学の知見によれば、ハドロンはクォークからつくられた粒子と定義できる。[益川敏英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハドロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハドロンの関連情報

他サービスで検索

「ハドロン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.