Rakuten infoseek

辞書

ハイドロコーチゾン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイドロコーチゾン
hydrocortisone
コルチゾール,ヒドロコルチゾンともいう。副腎皮質ホルモンのうちグルココルチコイドに属す。糖新生および蛋白質異化促進,リンパ組織萎縮,心筋収縮力増強,細動脈のアドレナリンに対する反応性の亢進,ストレスに対する抵抗力増強,抗炎症作用 (膜安定化作用,血管収縮,血管透過性の抑制) ,抗体産生抑制,抗アレルギー作用などが知られている。臨床的には,副腎皮質不全の補充療法に用いられるハイドロコーチゾンをはじめとして,グルココルチコイド作用の強い化合物 (プレドニゾロントリアムシノロンデキサメサゾンベタメサゾンなど) が,種々の炎症性,アレルギー性疾患の対症療法に用いられている。これらは作用が強いが,長期間投与すると精神異常,皮下脂肪蓄積 (体重増加,満月様顔貌) ,体液平衡異常,易感染性その他の副作用が出現する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ハイドロコーチゾン【hydrocortisone】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイドロコーチゾン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイドロコーチゾンの関連情報

他サービスで検索

「ハイドロコーチゾン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.