Rakuten infoseek

辞書

ハイデルベルク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ハイデルベルク
Heidelberg
ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州の都市。マンハイムの南東,ネッカー川オーデンワルトの丘陵地帯からライン川沿いの平野に出るところに位置する。地名は 1196年に記録に現れ,1685年までファルツ辺境伯領,以後 1720年までファルツ選帝侯領のいずれも首都であった。その後,選帝侯は居地をマンハイムに移し,市は 1802年にバーデン辺境伯領 (1806以後バーデン大公国領) となった。有名なハイデルベルク城は,1225年に初めて記録に現れ,その後辺境伯によりしばしば増改築されたが,17世紀末にルイ 14世の侵略フランス軍により劫略され,さらに 1764年には落雷により破壊されて,以後廃虚となった。現在残されている重要な建物は,東のオットーハインリヒ館 (1556以後建築,ルネサンス様式) ,北のフリードリヒ館 (フリードリヒ4世により 1601~07建築,1900頃修復) ,その間のガラスの邸 (1544以後建築) など。 1386年創立,ドイツ最古の大学として知られるハイデルベルク大学とともに世界各地から訪れる人が多い。ほかに聖霊聖堂 (1400~36) ,騎士の家 (1592) ,市庁舎 (1701~03) ,アルテブリュッケ (86~88,1945以後修復) などがある。大学都市で,第2次世界大戦後は万年筆,電気機器などの小規模な工業も立地しているが,主産業は観光関係で,年数百万の観光客がある。 W.マイヤー・フェルスターの戯曲『アルト・ハイデルベルク』の舞台。人口 14万6466(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ハイデルベルク(Heidelberg)
ドイツ南西部、ライン川の支流ネッカー川に沿う学術都市。13世紀以来南西ドイツの政治・文化の中心をなした。ドイツ最古の大学や古城がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ハイデルベルク【Heidelberg】
ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州の都市。人口13万9000(1995)。ネッカー川河畔に位置し,中世以来のハイデルベルク大学ウィッテルスバハ家の古城(遺跡)で著名な歴史的観光都市で,大学のほかに多数の研究施設や教育機関を擁する。経済的には観光が重要な役割を果たしてきたが,新市街には繊維機械などの近代工業も発達している。都市ハイデルベルクの起源についてはほとんど知られていない。地名の史料初出は1196年,おそらく11世紀以来存在したの下に発達した都市的定住地に由来する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ハイデルベルク【Heidelberg】
ドイツ南西部、ライン川支流のネッカー川に臨む古都。ドイツ最古の大学や中世の教会・城址などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ハイデルベルク
はいでるべるく
Heidelberg
ドイツ南西部、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。人口14万0300(2000)。ライン川右岸の支流ネッカー川がオーデンワルト山地からライン河谷平野に出る谷口に位置する。ハイデルベルク大学のほか、核物理学や分子生物学、天文学、医学の研究センターがあり、ドイツにおける学術・文化の中心地。ライン・ネッカー郡の行政中心地でもある。ネッカー川左岸のケーニヒシュツール山(566メートル)山麓(さんろく)にある古城、ハイデルベルク城(13世紀の城砦(じょうさい)が起源)の下に、河川沿いに延びた旧市街には、聖霊教会(15世紀)をはじめとする教会や市庁舎、ネッカー川の古橋(18世紀末)、マルクト広場など古い建造物が多数残存し、国際的観光地ともなっている。古い建物には、オーデンワルト山地に産出する赤色砂岩が多く使われ、落ち着いた色合いを与えている。ハイデルベルク城の中にはドイツ医薬博物館がある。市域の西部、ライン川の沖積低地に広がる新市街は19世紀以降発展した所で、旧市街とまったく趣(おもむき)を異にし、緑の多い住宅地、工場、道路・鉄道網が交錯し、田園風景もみられる。主要な工業は、たばこ、セメント、車両、印刷機械、万年筆、電気機器など。交通の要地にあたるので、駐独アメリカ軍の司令部や病院、ドイツ国防軍の基地など軍事施設も多い。[朝野洋一]

歴史

1196年史料に初出する。1225年ウィッテルスバッハ家の所領に入り、以後1720年までプファルツ伯および同選帝侯の居城地であった。1386年プファルツ選帝侯ルプレヒト1世によってその地に設立されたハイデルベルク大学は、ドイツで3番目に古く、15、16世紀にはアグリコラ、ツェルティス、ロイヒリンらがその教壇に立ってドイツ人文主義の中心となり、1560年から三十年戦争(1618~48)まではカルバン主義の中心であった。三十年戦争では1622年皇帝派の将軍ティリによって、33年スウェーデン軍によって占領され、プファルツ継承戦争では1689年、93年にフランス軍のために手ひどい破壊を被った。1720年選帝侯の居城がマンハイムに移されてからはかつての重要性を失い、1803年バーデン領に編入された。プファルツ選帝侯の居城、ハイデルベルク城はドイツ・ルネサンス様式のもっとも重要な建築物の一つである。[中村賢二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ハイデルベルク
(Heidelberg) ドイツ南西部、ライン川の支流ネッカー川の左岸にある都市。一三~一八世紀ファルツ伯の本拠地で、南西ドイツの政治・文化の中心地となる。中世初期創建のハイデルベルク城やハイデルベルク大学などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイデルベルク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ハイデルベルクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.