Rakuten infoseek

辞書

ノックオン

デジタル大辞泉

ノック‐オン(knock on)
ラグビーで、手や腕などの上半身(首から上を除く)にボールが当たってから前方へ落とすこと。反則とされ、相手ボールのスクラムになる。
原子核に高エネルギーの核子が衝突したとき、核内の核子の一部が核外へたたき出される現象。
高エネルギーの荷電粒子が原子や分子をイオン化することで、高速の二次電子がたたき出される現象。またこの二次電子をδ(デルタ)線という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のっくおん【ノックオン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ノックオン【knock-on】
ラグビーで、選手がボールを相手方のデッドボールライン方向に、手や腕で押し進める反則。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

ノックオン
ラグビーにおける反則の一つ。選手の手や腕など、首から上を除く上半身に触れたボールがその選手の攻撃方向に向かって落ちた時や、別の選手の身体に触れた場合にノックオンとなる。反則が認められると審判によってプレーが中断され、ボールは反則を受けた側のものとなり、ノックオンが発生した地点でスクラムを組んで試合を再開する。ただし、インゴールまたはゴールラインから5メートル以内でノックオンが発生した際は、ゴールラインから5メートルの地点でスクラムを組む。また、ラインアウトでノックオンが発生した場合は、タッチラインから15メートルの地点でスクラムを組む。また、ボールをキャッチする意図なく相手のボールをはたいたり、無理にカットしたりすることでノックオンが生じた場合は故意のノックオンと見なされ、相手側のペナルティキックで試合が再開される。

(2019-10-3)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ノック‐オン
〘名〙 (knock-on) ラグビーで、反則の一つ。ボールが手や腕に当たった後、落ちたボールを相手側ゴール方向に進めてしまうこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノックオン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノックオンの関連情報

他サービスで検索

「ノックオン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.