Rakuten infoseek

辞書

ノッカー

デジタル大辞泉

ノッカー(knocker)
ドアなどにつけて、訪問者が来訪を知らせるのにたたく金具。
野球で、ノック3をする人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

ノッカー
ドアや門、フェンスなどに取り付けられている叩き金のことで、訪問者金具取手を打ち付けて来訪を告げる。現在では脇に呼び鈴やインターホンがあり、ほとんどが装飾として取り入れられているだけである。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

大辞林 第三版

ノッカー【knocker】
玄関の戸などに取り付け、訪問者がたたいて来訪を知らせるためのたたき金。
野球で、ノックをする人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ノッカー【knocker】
訪問者が来訪を告げるためにたたく、ドアに取り付けた金具。ライオンがくわえたリングを打ち付けて音を出すものが代表的。◇「ドアノッカー」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ノッカー
のっかー
knocker
玄関の扉などに取り付ける金物で、訪問者が輪の下端を前後に動かして座に取り付けた鋲(びょう)をたたき、内部の人に来訪を知らせるためのもの。建物の外側にありながら、部屋の雰囲気や内部の人の歓迎の気持ちを伝える。昔、ヨーロッパでは黄銅、青銅などで手作りしたが、現在では洋風扉のクラシックな装飾金物として残っている。幾何学的な彫刻や、騎士、盾、帆船、獅子(しし)などをかたどったもの、リング状のものが多いが、馬蹄(ばてい)型やU字型のものもある。青銅仕上げ、ゴールド仕上げなどがある。[中村 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ノッカー
〘名〙 (knocker)
① 西洋家屋の玄関などの扉にとりつけ、訪問者がたたいて来訪を知らせるための金具。
※カーライル博物館(1905)〈夏目漱石〉「鬼の面のノッカーをコツコツと敲く」
野球で、ノックをする人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノッカー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノッカーの関連情報

他サービスで検索

「ノッカー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.