Rakuten infoseek

辞書

ノストック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノストック
Nostoc
藻類ネンジュモ目ネンジュモ科の藻類。普通水田湖沼など淡水中に産するが,ときに湿った土の上などに異常に発生することがある。藻体は,球形,楕円形,短円筒形の細胞が1列になって糸状体となり,共通の粘膜鞘に包まれた群体を形成している。群体の形は球状,中空の袋状,膜状,不規則な裂片状などといろいろある。異形細胞がある。 N. pruniformeはイシクラゲ,カワタケともいい卵塊状で湖沼や水田にみられ,N. communeはキクラゲ状で高温多湿の石上や地上に生じる。また N. verrucosumはアシツキ,アネガワクラゲ,カモガワノリなどと呼ばれ,清水に産したものを食用とした。中国に産する N. commune var. flagelliformeはハッサイ (髪菜) と称し,細長い群体となり毛髪を思わせるが,これを乾物としてたくわえ食用とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノストック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノストックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.