Rakuten infoseek

辞書

ノジギク(野路菊)【ノジギク】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ノジギク(野路菊)
ノジギク
Chrysanthemum japonense
キク科の多年草。海岸近くのなどに生え,地下茎を出し,上して上部で分枝する。葉は互生し,長さ4~5cmの卵円形で3~5片に中裂し,下面には灰白色の毛が密生する。 10~11月に,直径3~5.5cmの頭状花をやや散房状につける。周辺には白色,まれに淡黄色の舌状花が並び,中心部は多数の黄色の管状花から成る。日本に野生するキク属のなかでは最も見ばえのする花をつける。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノジギク(野路菊)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ノジギク(野路菊)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.