Rakuten infoseek

辞書

ネットワークコンピュータ【ねっとわーくこんぴゅーた】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ネットワークコンピュータ
ねっとわーくこんぴゅーた
Network Computer
各パソコン共有のデータや資源管理をサーバーに集中させ、それらをネットワークを通して利用するクライアント型のパソコン。NCと略す。各パソコンは、インターネットなどネットワークを通してサーバーから必要な資源・情報をそのつど呼び出し、サーバーと連携してひとつのアプリケーション・ソフトを実行する。パソコン本体は身軽・安価にでき、管理コストは低減される。1996年、「Network Computer」を商標にもつオラクル、IBM、サン・マイクロシステムズ、ネットスケープ・コミュニケーションズ、アップル・コンピュータの5社が規格を立ち上げた。1990年代に発売された特定業務用の端末型のものが300~500ドルであったため、500ドル・パソコンともよばれたが、Java(ジャバ)プログラムを実行できる一般業務用のクライアント型NCなどは1000ドル程度であった。しかし、通常のパソコンが安価になったことなどによりNCは普及せず、マイクロソフト、インテルは「ネットPC」とよぶクライアント型を脱した規格を提唱した。なお、NCからサーバーに接続するには、マイクロソフトのWindows(ウィンドウズ) OS(オペレーティングシステム)の場合、「マイネットワーク」のアイコンから呼び出すことができる(Windows Me(ミー)以降のOS)。[岩田倫典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネットワークコンピュータ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ネットワークコンピュータの関連情報

他サービスで検索

「ネットワークコンピュータ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.