Rakuten infoseek

辞書

ヌルハチ

世界大百科事典 第2版

ヌルハチ【Nurhaci】
1559‐1626
中国,朝の初代皇帝。廟号太祖。在位1616‐26年。アイシンギョロ(愛新覚羅)。建州女真族の貴族の家庭に生まれ,19歳のとき他家婿入りしたが,1583年,祖父と父が明軍に殺されたのを契機に実家の再興をはかった。ヌルハチはまず祖父と父を死に至らしめた張本人である同族のニカンワイランを討ってに報いてから,女真族の統一事業に乗り出した。建州女真族をほぼ平定し終わったのち,87年蘇子河畔に最初の居城としてフェアラ城(現,遼寧省新賓県旧老城)を築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヌルハチ
ぬるはち / 奴爾哈齊・奴兒哈赤
Nurhaci
(1559―1626)
中国、清(しん)朝初代の皇帝(在位1616~1626)。諡号(しごう)は武皇帝、のちに高皇帝と改める。姓はアイシンギョロ(愛新覚羅)。廟号(びょうごう)は太祖。『清実録』では明(みん)が女直(女真)部族に設けた諸衛の一つである建州左衛の創始者童猛哥帖木兒(ドンモンゴテムル)の後裔(こうえい)となっている。祖父ギョチャンガは南満州撫順(ぶじゅん)東方の興京盆地に拠(よ)っていた実力者ニングタ・ベイレ(漢訳「六王」。6人兄弟とされる)の1人であった。父タクシはその第4子で、ヌルハチの生母ヒタラ氏は建州右衛の王杲(おうこう)の娘ともいわれる。1583年ギョチャンガとタクシは明軍が王杲の子アタイをグレ城に攻撃した際に殺され、ヌルハチは独立することとなった。当時、遼東(りょうとう)の実権を握っていた明の総兵官李成梁(りせいりょう)(1526―1615)の庇護(ひご)もあってヌルハチは数年の間に建州女直に覇を唱え、明から建州衛に配当された勅書五百道を手中に収めるに至った。1589年には明から都督僉事(せんじ)に任ぜられ、その建州衛支配が公認された。1593年海西女直のイェヘの主導のもとに、蒙古(もうこ)を含めた九国連合軍の侵攻を撃退した。1595年には竜虎(りゅうこ)将軍に昇り、また建州右衛を復活させて同母弟シュルガチ(1564―1611)に管轄させ、自らは左衛を率いた。同年その居城を訪れた朝鮮の使者申忠一は当時の建州の状況を詳細に伝えている。その後、海西女直のハダ、ホイファを滅ぼし、その勢力はますます伸びたが、1608年ヌルハチを擁立して対女直政策を進めてきた李成梁の隠退に伴って遼東の政局は一変し、中国の伝統的な、夷(い)をもって夷を制する分裂政策へと路線が変更された。これに対応するためヌルハチはシュルガチの右衛を粛正して女直の統一を進め、1616年には後金(こうきん)国(1636年国号を清と改める)を建ててスレ・ゲンギエン・ハン(英明皇帝)と称した。やがて明と対立関係に入り、1618年七大恨を宣言して軍事行動を起こした。明は10万の大軍を出して女直征討に向かったが、明清交替の関ヶ原といわれるサルフの戦いに大敗を喫した。ついで最後まで残った海西女直のイェヘを滅ぼし、遼東平野に進出して瀋陽(しんよう)、遼陽を落とし、遼河以東の地を占領し、ここに旗地を設定して、満州人を移住させた。また国都を遼陽、ついで瀋陽に移した。一方、1622年には遼西の広寧(こうねい)、義州を攻略したが、明側も孫承宗(そんしょうそう)(1563―1638)を起用して寧遠城防守によって勢力の回復を計ったので、ヌルハチもそれ以上進めなかった。1626年孫承宗の失脚に乗じて寧遠城を包囲したが、明のポルトガル砲によって撃退され、同年まもなく病死した。[松村 潤]
『若松寛著『奴兒哈赤』(1967・人物往来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヌルハチ
Nurhaci
1559〜1626
清の初代皇帝,太祖(在位1616〜26)
姓はアイシンギョロ(愛新覚羅)。建州左衛の女真の一族長であったが,しだいに諸部族を統一してほぼ全満州を掌握した。1616年ハン位につき,興京老城(ヘアトラ)に建国し,国号を後金 (こうきん) ,年号天命と称した。明の10万の討伐軍をサルフの戦いで徹底的に破って遼東を占領し,1621年都を遼陽 (りようよう) に,ついで25年瀋陽 (しんよう) に移し,これを奉天と称した。1626年寧遠城を攻撃したが破れず,負傷のため死んだ。なお,国号は子の太宗(ホンタイジ)のときに,後金から清に改められた(1636)。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌルハチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌルハチの関連情報

関連キーワード

弩爾哈斉弩爾哈斉・奴児哈赤エリザベス(1世)ニコラオ今大路道三ニコラオケベード伊達政宗

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.