Rakuten infoseek

辞書

ヌクレオシド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヌクレオシド
nucleoside
プリンまたはピリミジン塩基と,リボースまたはデオキシリボースなどのが結合した化合物プリン塩基アデニンの場合,ヌクレオシドはアデノシンというなど,両者の名称は一般に関連があるが,プリン塩基の一種ヒポキサンチンの場合のみは,ヌクレオシドの名称はイノシンである。ヌクレオシドにリン酸が結合したものがヌクレオチドである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ヌクレオシド(nucleoside)
プリン塩基またはピリミジン塩基と糖が結合した化合物。アデノシン・グアノシンウリジンなどがあり、核酸の構成成分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ヌクレオシド
 プリン塩基もしくはピリミジン塩基と糖がグリコシド結合したものの総称

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬくれおしど【ヌクレオシド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ヌクレオシド【nucleoside】
プリン塩基・ピリミジン塩基などの有機塩基と糖とが結合してできた化合物。核酸の構成成分となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヌクレオシド
ぬくれおしど
nucleoside
プリンおよびピリミジン塩基が糖(リボースやデオキシリボース)とN-β-グリコシド結合したものの総称(グリコシドは広義の配糖体と同義)。核酸の構成成分として広く存在する。結合は、塩基部分がプリン誘導体のときは9位の窒素、ピリミジン誘導体のときは3位の窒素と、糖の1'位の炭素との間にみられる。リボ核酸(RNA)に含まれ、糖部分にリボースをもつものはリボヌクレオシド(またはリボシド)とよばれ、アデノシン、グアノシン、ウリジン、シチジン、イノシンなどがある。デオキシリボ核酸(DNA)に含まれ、糖部分にデオキシリボースをもつものはデオキシリボヌクレオシド(またはデオキシリボシド)とよばれ、デオキシアデノシン、デオキシグアノシン、デオキシシチジン、チミジンなどがある。このほか、天然には、塩基部分がメチル基、ヒドロキシメチル基などで置換された誘導体、含硫ヌクレオシドなど多くの微量成分が存在し、また抗生物質・化学療法剤のピューロマイシン、コルジセピン、ネブラリンなどもヌクレオシドの一種である。通常、ヌクレオシドはRNAの水性ピリジン、水性ホルムアミド加水分解や、DNAの酵素分解(フォスフォジエステラーゼとモノエステラーゼ)によって調整される。プリンリボヌクレオシドは酸に対して比較的不安定である。なお、ヌクレオシドのグリコシド結合を開裂する酵素は、ヌクレオシダーゼとよばれる。[景山 眞]
『水野義久・光延旺洋著『合成化学シリーズ ヌクレオシド・ヌクレオチドの合成』(1977・丸善) ▽ウォルフラム・ゼンガー著、西村善文訳『核酸構造(上)』(1987・シュプリンガー・フェアラーク東京) ▽三浦謹一郎編『構造生物学』(1998・朝倉書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ヌクレオシド
〘名〙 (nucleoside) 塩基と糖が配糖体結合したもの。核酸の分解物の一つ。塩基成分はプリン塩基・ピリミジン塩基よりなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヌクレオシド
ヌクレオシド
nucleoside

糖とプリン,またはピリミジン塩基とがグリコシド結合しているものの総称.大部分はN-グルコシドであるが,少数のC-グリコシドも含まれる.糖の種類により,D-リボースと結合しているものはリボヌクレオシド,2-デオキシ-D-リボースを含むものはデオキシリボヌクレオシドという.天然から得られるヌクレオシドは,一般にβ-グリコシド結合しており,プリン塩基を含むヌクレオシド(プリンヌクレオチド)は,ピリミジンヌクレオシドに比べて酸に対して不安定である.他方,ピリミジンヌクレオシドはヒドラジンに対して不安定で選択的に分解される.RNAから得られるリボヌクレオシドのおもなものは,アデノシン,グアノシン,シチジン,ウリジンであり,そのほかに微量成分として知られているこれら4種類の塩基の誘導体や,プソイドウリジンなどがある.DNAから得られるデオキシリボヌクレオシドのおもなものは,デオキシアデノシン,デオキシグアノシン,デオキシシチジン,デオキシチミジンの4種類である.このほかに微量成分として,5-ブロモデオキシウリジンやデオキシウリジンなどがある.ヌクレオシドおよびその誘導体は核酸のほか,補酵素,抗生物質としても広く存在しており,最近,ヌクレオシド類似化合物も含めて広くヌクレオシドとよぶ.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヌクレオシド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヌクレオシドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.