Rakuten infoseek

辞書

ニーシングリング

結婚式・ウェディング用語集

ニーシングリング
ニーシングリングとは、ドイツのヘルマン・ニーシングが1873年に創設したジュエリーブランドのことをいいます。ニーシング社の代表作品であるニーシングリングは、Walter Wittekによって1979年にデザインされ、ニーシング社より発表されたセッティングです。また、テンションセッティングのことをニーシングリングとも呼びます。テンションセッティングとは、ダイヤモンドを地金の張力を利用して留めるセッティング方法のことをいいます。テンションとは張力の意味です。枠に切れ込みを入れ、宝石の下部側面に溝を掘り、左右2ヶ所で宝石を挟んだデザインになります。爪などの台座がなく地金だけで留めているために、まるで宝石が空中に浮いているかのように見えます。セッティング部分は鏡面仕上げとなっていて、ダイヤモンドの輝きが反射することによっていっそう輝きが増します。また、宝石を留める爪がないことで、あらゆる角度から光を集めることができるので、ダイヤモンドの美しさを十分に発揮することができます。ニーシングリングは、ドイツの造形芸術学校のバウハウスの理念を継承しており、技術と美術の融合を図ったデザインを持ち、2001年には美術品として認証され、世界中の複数の美術館に展示されています。現在では、芸術的著作権保護により模倣から守られています。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニーシングリング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ニーシングリングの関連情報

他サービスで検索

「ニーシングリング」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.